■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

亀岡市文化資料館
亀岡市文化資料館
北摂のマチュピチュとも呼ばれる、亀岡市を訪れてみました。
周辺をグルっと山に囲まれた中に、忽然と都市が現れるという、ここはまさにマチュピチュそのものです。

しかもこの都市には、独特なデザインの建物が複数あります。
亀岡市庁舎別館とか、ガレリアかめおかとか、失礼ながら、ド田舎に似つかわしくないような近代的な建築物です。
そんな不思議な都市にある、亀岡市文化資料館が本日の訪問先です。

亀岡市文化資料館
敷地内には、どっかから移設してきたという石室がありました。←どっかって、どこやねん?

亀岡市文化資料館
蓋だけで本体はナシです。

亀岡市文化資料館
入ってすぐのところにはお雛さんが飾られています。
あまり豪華じゃありません。

亀岡市文化資料館
無料で見られるロビーの展示品。

亀岡市文化資料館
無料コーナーは、こんなのしか無いんです。

で、有料の展示コーナーはどうかというと、何かイマイチです。
スペースがそれほど広くなくて、大したものはなさそうでした。
鎧兜が二点あったのが、唯一目に止まったくらいです。

箱物に金をかけるのも結構ですが、中身がスカスカじゃ文化都市とは言えないですよ。

亀岡市文化資料館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
けやき資料館
けやき資料館
野間の大けやきに関する資料を展示・公開するのが、けやき資料館です。
場所は、大阪府能勢町です。

展示品はハッキリ言ってちょっと微妙でした。
わざわざ資料館を建ててまで展示する必要があるのか、疑問がわかないでもありません。

けやき資料館
この巨大な樹が、野間の大けやきです。
国の天然記念物で、けやきとしては西日本最大です。

けやき資料館
鹿の角。
けやきに関係ありません。

けやき資料館
フクロウが、なんか取ってつけたような感じがします。

けやき資料館
一応、関係あるんでしょうけど、なんだかなー。

けやき資料館
一番目を引いたのが、スペースの真ん中にドーンと置いてあるコレでした。
見ようによっては邪魔なだけです。

けやき資料館
大けやきと説明書きがあるんだから、中途半端な資料館は必要ないような気がしました。

けやき資料館
近畿ランキングに



Effe氏の所へ遊びに行こうと思い立ったのですが、Effe氏は夜まで用事があるとのことで時間潰しを兼ねて色々寄り道をしてみました。まずは、大阪府豊能郡能勢町にある国指定天然記念物の「野間の大けやき」(地図)です。...
大阪府豊能郡能勢町 野間の大けやき



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
能勢の高燈籠
能勢の高燈籠
珍スポマニアに大人気なのが、能勢の高燈籠です。
ここは要会という宗教団体の施設で、大阪府能勢町にあります。
高燈籠は一般人も参拝可です。
ちなみに周辺は、めっちゃド田舎ですよ。
「ミュージアムに関係ないやん」と突っ込む声も聞こえてきそうですが、気にしない気にしない。

能勢の高燈籠
灯籠を模した巨大な建物。
バベルの塔を彷彿とさせる外観です。
正浄遺伝子組替祈願霊場と大書されていますが、どういう意味でしょう?

「インターネットで知ったんですか?」
なんて、受付の女性にいきなり核心を突く質問をされてしまいました。
入塔料の300円を払い、スロープを登っていきます。

能勢の高燈籠
内部は天井まで吹き抜けとなっており、上からシャンデリアのような照明がぶら下がっていました。

能勢の高燈籠
ここのユニークな点は、スロープに沿って最上階まで、八百万の神々や、仏像などがずらっと並んでいることです。
とにかくその数たるやすごいものです。
ありとあらゆる神様の像が目白押しです。
「神聖な像を撮っちゃダメ」ということだったので、お人形さんのコーナーだけをパチリ。

能勢の高燈籠
お雛さんもずらっと並んでいます。

各階のコーナーごとに監視カメラが設置されていて、ちょっと異様な感じもします。
そういえば受付のところに、監視用モニターが複数ありました。

能勢の高燈籠
これらさまざまな像の前を、電動の自動車がゆっくり走っています。
位牌などを載せて最上階までスロープを登り、マラソンの折り返し地点のように、再び下へと降りていきます。
像の前を通過することで、自動でお参りをしたことになります。
すごく便利ですね…たぶん。

能勢の高燈籠
最上階には、茶運び人形と阿波おどりの人形がありました。
なんか、回転すしみたいな感じです。
どういう意味があるのか、まったくわかりません。

能勢の高燈籠
近畿ランキングに



10月の話ですが能勢の高燈籠、七寳寺を訪ねました。能勢の高燈籠よくわからない(信者の皆さんスミマセン)施設?ですが高燈籠の内部をグルグルとミニトロッコが走っていて本人にかわりお参りしてくれるそうです・・・1000回満願(ミニトロッコを走らせる回数)以上の方も沢山・・・・・・・・?七寳寺ここも何か、訳がわからなくなってしまう<信仰心が足らないのでしょうか・・・>石仏がいっぱい姫路の「太陽公園」を思い...
B級観光



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

その他 | 00:00:01 | トラックバック(1) | コメント(2)
四條畷市立歴史民俗資料館
四條畷市立歴史民俗資料館
ローカル・ミュージアムにありがちですが、旧街道沿いに設置された施設は、そこに到達するまでの道がめちゃくちゃ細かったりします。
馬や籠の時代ならいざ知らず、車が日常の交通の手段となった現在では、これら旧街道は非常に走りにくいです。

ここ、四條畷市立歴史民俗資料館も、車で行くにはかなりやっかいなところです。
すぐ近くに国道が通っているのですが、そこから旧街道まで入ってこなければなりません。
背後が線路で塞がれてるので、ルートがどうしても限られてしまうのです。
また、建物の後ろに駐車スペースはありますが、細長くて切り返しが少々面倒です。

四條畷市立歴史民俗資料館
展示品は整って見えますが、実はワタクシが到着したときは中はシッチャカメッチャカでした。
というのも、直前まで小学生の校外学習があり、縄を使った勉強で館内がゴミだらけだったのです。
職員総出で大掃除の真っ最中でした。
「片付くまで周辺でも見物してきてください」と地図を渡され、再び戻ってきた時の様子が、この画像です。

四條畷市立歴史民俗資料館
他に見学者もいなかったので、館長自ら解説してくださいました。
ありがとうございます。
特にこのコーナーの解説に力が入ってました。

古墳時代に、朝鮮から馬を小舟に乗せて、日本に運んできたそうです。
四條畷の辺りが馬の大生産地となり、王朝に供給するようになったとか。
この絵が、それらのことを描いています。

四條畷市立歴史民俗資料館
無料で見られる割には、展示はしっかりしてました。
とりあえず並べてみました的な感じはなかったです。

四條畷市立歴史民俗資料館
それと、撮影自由だったのが、ワタクシ的にはポイント高いです。
紹介しようにも肝心の「絵」がなくちゃ、ほんとに困りますから。

四條畷市立歴史民俗資料館
弥生時代の棺桶です。
中に人は…
入ってません。
別のところで展示されてます。

四條畷市立歴史民俗資料館
コーナーごとに時代を分けて、四條畷の歴史を展示品で伝えています。
画像にはありませんが、これら古代コーナー以外にも、別室では少し前の時代を紹介するコーナーもあります。

四條畷市立歴史民俗資料館

四條畷市立歴史民俗資料館

四條畷市立歴史民俗資料館
最後に一つ注文をつけるとしたら、ホームページを何とかしたほうがいいと思いますよ。
館長さん。

四條畷市立歴史民俗資料館
近畿ランキングに



高槻市:昼神車塚全長約60mの前方後円墳です。フェンスに囲まれて中には入れません。復元埴輪が置いてあります、なにか違うものがあるぞ!猫でした。高槻市:塚脇古墳群の移築石室移築復元なんでしょうが、中に入るとカラフルなナンバリングが見に入ります。ガンプラみたい。外からみると石室を囲うコンクリートが見えちゃってるよ。こういうところは隠してほしいね。寝屋川市:雷神石石宝殿古墳へ行く途中の光明時前にあります。...
大阪の成果(高槻市、他)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
キリシタン遺物史料館
キリシタン遺物史料館
茨木市のすごい山奥に、キリシタン遺物史料館はあります。
この地方は以前は高山右近の領地で、隠れキリシタンの里でした。

現在、この周辺は新名神高速道路の工事中で、ちょっと地面を掘るとあっちこっちからキリシタンの墓が見つかります。
いちいち発掘していては工事が進まないので、お構いなしに工事継続中とか…

画像でおわかりのように、思いっきりド田舎なので、車かバスでないと来られません。
バスだと停留所からかなり歩かなければならないので、車をオススメしたいところですが…
途中、林道のような狭い道を通過しなければなりません。
この道が、めちゃ怖い。
車のすれ違い不可の上に、片側が谷でガードレールもありません。
運転を間違うと、真っ逆さまに墜落です。
行くなら、根性入れて向かいましょう。

キリシタン遺物史料館
途中でふと空を見上げると、遥か上空の電線に人がいます。
アップにしたらピンぼけするくらい高いところにいました。
たぶん、地上100メートルくらいの高さです。
山間部の鉄塔の間に張り巡らしてある電線の工事の人です。
腕の力だけで這うようにして、電線上を移動していきます。
あそこからの視界を想像しただけで、ワタクシめまいがしそうでした。

キリシタン遺物史料館
恐怖の山道をドキドキしながら走り切りました。
さいわい対向車はゼロだったので、助かりました。

史料館には、3台くらい車が置ける無料駐車場があります。
といっても、ただの空地です。

キリシタン遺物史料館
史料館はこじんまりした建物で、まるで個人の住宅のようです。
内部は靴を脱いで入るので、破れた靴下はダメですよ。

入ってすぐのフロアが展示室で、キリシタンに関する展示品がありました。
教科書で見たことのあるザビエルの肖像画も、この地区で発見されたものです。
ちょっと意外です。
今では、神戸市立博物館に持って行かれちゃったんですって。

規模が小さいので、展示品の数は多くありません。
必死のパッチで来たわりには収穫が少なくて、ガッカリするかもしれませんよ。
現在、新しい史料館を建設するような雰囲気もあるようなので、今後に期待かも知れません。

キリシタン遺物史料館
近畿ランキングに



キリシタン遺物史料館を訪ねて炎天下厳しい中、名神高速道路を飛ばして茨木市に茨木インターを降りると国道171号線を池田方面に走行して直ぐに中河原交差点を右折、府道114号線(忍頂寺福井線)を9kmで目的地に到着この道路は山を越えると京都府亀岡市で、カーブが多く運転には気を使う。(千堤寺入口 クルス山)府道114号線は住宅街を通りすぎると大学のグランドや老人介護施設など見ながら山に登って行く。暫くすると...
知らなかった「隠れキリシタン」②



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
大東市立歴史民俗資料館
大東市立歴史民俗資料館
大東市立歴史民俗資料館は、大東市立歴史とスポーツふれあいセンター内にあります。
建物はできてまだ2年くらいなので、とてもきれいです。
この日は併設されている図書館がお休みだったせいか、人はほとんどいませんでした。

大東市立歴史民俗資料館
2階が資料館の入口です。
野崎まいりの絵がいい雰囲気です。

大東市立歴史民俗資料館
入ってすぐのコーナーは吹き抜けになってます。
館内は、だんじりの彫物以外は撮影可ということでした。

大東市立歴史民俗資料館
これは何だっけ。
えーと、忘れました。←まじめにレポートせいちゅーの

大東市立歴史民俗資料館
施設が新しいだけあって、居心地がいいです。
ボロボロの建物で、掃除も行き届いてないようなローカル・ミュージアムもなくはないのに…

大東市立歴史民俗資料館
無料で見られて、夜は8時まで開いてます。
普通は、5時閉館とか多いのにね。

大東市立歴史民俗資料館

大東市立歴史民俗資料館
大東市にもだんじりがあることを、ここに来て初めて知りました。
パーツが展示されてましたが、細かい彫刻が施されていて、見飽きない面白さです。

大東市立歴史民俗資料館
このコーナーはパネル展示のみ撮影OKでした。

大東市立歴史民俗資料館
1時間無料の駐車場の前には、石室がありました。
元からここにあったものか、憶えてません。



大東市立歴史民俗資料館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 16:37:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
鴻池新田会所
鴻池新田会所
鴻池新田会所は東大阪市にあります。
JRの片町線、鴻池新田駅から歩いてすぐのところです。
ここは、江戸時代に豪商鴻池家が開発した新田の管理・運営を行った施設です。

鴻池新田会所
表長屋門です。
敷地の裏にも同様に長屋門があります。

鴻池新田会所
本屋が見えてきました。
ブックストアじゃないですよ。
松の枝ぶりが見事ですね。

鴻池新田会所
本屋内部はすごく広いです。
天井も高く、座敷がいくつもありました。

鴻池新田会所
かまども大きいのと小さいのが複数あります。
ご飯がいっぱい炊けたでしょうね。

鴻池新田会所
桶のバスルームです。
座れるように、中に板が敷いてありました。

鴻池新田会所
庭には梅が咲いていました。
春は、もうすぐそこです。

鴻池新田会所
米蔵です。
これがまたすごくデカイ。
内部は民具の展示スペースと、映像ブースに分かれてます。

鴻池新田会所
人力で田に水を入れてたんですね。
こんな感じの農耕具がいろいろ展示されてます。

鴻池新田会所
乾蔵です。
こちらには古道具がいろいろ展示されてます。

鴻池新田会所
クラシックなカメラです。
いつの時代のものでしょう?

鴻池新田会所
中に電気が点けられるようになってます。
スライド上映みたいな感じです。

鴻池新田会所
本奥の裏側。
入母屋造りになってます。

鴻池新田会所
この舟が会所周辺の水路を行き来してました。
背景にはJRの高架線路が見えています。
今では周囲は地面ばかりなので、舟が往来していたなんて想像がつきません。

鴻池新田会所
弁天池を配した庭園。
橋の真上に鳥が巣をつくり、足元はフンだらけでした。

鴻池新田会所
敷地内には神社まであります。

鴻池新田会所
敷地の外側です。
昔はここが水路になっており、会所に物資を運ぶ船が行き来してました。



鴻池新田会所
近畿ランキングに



鴻池新田会所豪商鴻池家が大和川の付け替え工事が行われた後にできた「新開池」の跡を新田として開発し、新田を管理運営する場として使われたところです。久しぶりに出かけてみました。この石柱のくりぬき形、どこかで見かけたことが、こういう使い方をされていたとは。船着場、水路の跡は鴻池新田駅の高架下あたりになります。米蔵、道具蔵です。鴻池家の家系図、当時の農機具などが展示されています。大木ですが弱っており治療さ...
鴻池新田会所



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
川西市歴史民俗資料館
「せっかく来たのに入れないじゃん!」シリーズ第3弾!

川西市歴史民俗資料館
深山池公園内に、川西市歴史民俗資料館はあります。
すぐ横は新興住宅街で、戸建の家がたくさん建ってます。

川西市歴史民俗資料館
深山池がチラリと見えます。

川西市歴史民俗資料館
一庫ダムの建設で湖底に沈む運命だった古民家二軒を、公園内に移築しました。
内部に何があるんでしょうか?

川西市歴史民俗資料館
周辺はグルっとフェンスに囲まれてます。
いったいどこから入るんでしょう?

川西市歴史民俗資料館
ようやく入口が見つかりました。
うーん、なになに。
開館日は、3月から11月の土曜日・日曜日及び祝日だってー。
せっかく来たのに入れないじゃん!
もー。

川西市歴史民俗資料館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
入江泰吉記念奈良市写真美術館
入江泰吉記念奈良市写真美術館
「写真美術館」というのは、どんなものでしょうか?
ワタクシ気になったので、訪ねてみました。
場所は奈良町からだと、1kmほどです。
1時間無料の駐車場もあるので、車でもいいですよ。

しかし、こんなところにママチャリを停める神経が理解できませんね。

入江泰吉記念奈良市写真美術館
建物の周囲には水のスペースが取り巻いています。
黒川紀章のデザインとか。

入江泰吉記念奈良市写真美術館
展示スペースは地下にあります。
入江泰吉作品が大量に展示されています。

仏像をアップで、しかも斜めから撮るというのは新鮮な感覚でした。
カメラ素人のワタクシは、どうしても全体を構図に入れようとしてましたが、いい勉強になりました。

入江泰吉記念奈良市写真美術館
人が少ないのはノンビリできていいです。



入江泰吉記念奈良市写真美術館
近畿ランキングに



こんにちは,kazumiです。2013年の展初めはここ。入江泰吉記念 奈良市写真美術館に行ってきました。入江泰吉は奈良を撮り続けた写真家です。彼の残した膨大な量の作品を保存・公開・研究するために建てられたのがこの美術館。私が学生時代の大事な時間を過ごした高畑に建てられています。設計は黒川記章。景観が保護され,高さが制限されたこの地区で,瓦ぶきの大きな屋根がほんの少し宙に浮いているような,そんな建物...
没後20年入江泰吉の心象風景 『古色大和路』 @入江泰吉記念奈良市写真美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
冥応寺
ミュージアム巡りをしてると、ときどき面白い建物に出会うことがあります。
ここ冥応寺もそんな場所の一つで、雑誌やWEBで珍スポットとして採り上げられることもたびたびです。

冥応寺
冥応寺は正確には、飛龍山冥應寺といい、辯天宗宗務庁にあたります。
高校野球の常連校、智辯学園もこの宗教団体に属しています。

地元民には「茨木のべんてんさん」として知られ、毎年8月8日には盛大な花火大会が開かれます。
ワタクシも20年近く前になりますが、花火大会を見に行きました。
ものすごい人出で、身動き取れなかったことを思い出します。
残念ながら去年は、安全上の問題から花火大会は中止になりました。
福知山花火大会の爆発事故が、影響してるとか…

冥応寺
立派な本殿です。
お参りの人も、ちらほらいました。
石段の端っこに頭をこすりつけてるオバサンがいましたが、何かをお祈りしてたんでしょうか?

ワタクシ、部外者なので、ウロウロするのはちょっと気が引けます。
ここはいわゆる観光寺ではないので、信者でもないのにあっちこっちうろつきまわってると注意されるかもしれません。

冥応寺
本殿前の噴水です。
教祖の智辯さんが真ん中にいます。

今は跡形もありませんが、大昔には敷地内に大型の鳥用ケージがありました。
中では孔雀が飼われていました。
かれこれ30年以上前の話です。

冥応寺
これが話題の水子供養塔です。
高さ70m以上なので、離れないと全体が収まりません。
ロケット発射!って、感じです。

冥応寺
お坊さんが、お経をあげてる最中でした。

冥応寺
塔の手前には、タイルの貼られた歌碑がありました。
同じタイルが25000枚、この塔にも貼られているそうです。

冥応寺
この石段を上がったところに、万国戦争受難者慰霊塔があります。
水子供養塔からは、歩いて数分の距離です。

冥応寺
人工衛星のような不思議な形をしてるのが、万国戦争受難者慰霊塔です。
ステンレス製なのか、ピカピカでした。
これも相当デカイです。

銘板には、一日一善の笹川おじいさんの名前が記されていました。
どういう関係でしょうね?

ロケットに人工衛星と、二つの塔はいいコンビです。←勝手に決めたらバチ当たるで。



冥応寺
近畿ランキングに



【大阪】 風変わりな慰霊塔 冥応寺 - BQ ~B-spot Explorer~



テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ