■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大阪市立自然史博物館
大阪市立自然史博物館
生き物を扱った博物館としては、やはりここは外せません。
右上に写っているのは、鯨の骨格標本です。

大阪市立自然史博物館
「パオーン」
入るとすぐにナウマンゾウが迎えてくれます。

大阪市立自然史博物館
化石の数々。
恐竜のもありました。
ワタクシ、化石も大好きなんです。

大阪市立自然史博物館
これは何?
ピーナッツの殻?
違います、セミの抜け殻です。
しょこたんが狂喜乱舞しそうなこの数!

大阪市立自然史博物館
これって、食べたら美味しいのかな?
カニを見ると、つい食欲が刺激されます。
でも、デカすぎてマズイかな。

大阪市立自然史博物館
隣の建物は、花と緑と自然の情報センターです。

大阪市立自然史博物館
1階は植物標本や模型の展示がありました。

大阪市立自然史博物館
こちらは2階の様子。
植物のせいか、内部の空気がムンムンしてました。
同じ階にはギャラリーがあり、植物園の絵画が複数展示されてました。
たぶん日曜画家の作品でしょう。



大阪市立自然史博物館
近畿ランキングに



大阪市立自然史博物館入り口ではクジラの骨格がお迎え大阪の自然に特化した博物館なのですが恐竜の骨格がかなり多い恐竜好きにはたまりませんその他の古生物的には少々物足りなさを感じたのですがそれはあくまでもOCEAN 海はモンスターでいっぱいを見た直後だったからだと思われます展示の工夫でこどもの興味を引くものも結構あり時間と体力があったらもっとゆっくり見たかったなぁ~~「自然史博物館」を変えていく/大阪市...
大阪市立自然史博物館 常設展 なかなかですよ 



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(1) | コメント(0)
池田文庫
池田文庫
逸翁美術館に隣接するのが池田文庫です。
1階は図書スペースで、2階に展示スペースがあります。

池田文庫
現在は「旅するTAKARAZUKA」と題する展示が行われています。
海外公演でのポスターやパンフレット類の展示です。
兵庫県立美術館でさきごろ行われた「宝塚歌劇100年展」ほどの華やかさはありませんが、かなりの時代物の展示も多く、ヅカファンなら興味津々ではないでしょうか。
ワタクシ、大地真央のヒゲヅラのポスターは興味深かったです。



池田文庫
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
高槻市立歴史民俗資料館
高槻市立歴史民俗資料館
高槻城跡が現在は公園となっています。
ここに高槻市立歴史民俗資料館があります。

高山右近
キリシタン大名として有名な高山右近像が、公園を入ってすぐのところに建っています。
彼は高槻城主でした。
晩年はキリシタンゆえ国外追放となり、マニラで非業の死を遂げたということです。

城跡公園
公園内には日本庭園がしつらえてあります。

城跡公園
池の畔に、つがいのアヒルがいました。
人馴れしてるようで、逃げようとしません。
仲良くずっと二羽で日向ぼっこしていました。
ワタクシも彼女欲しいよー。

高槻市立歴史民俗資料館
江戸時代の商家を公園内に移築したのが、高槻市立歴史民俗資料館です。

高槻市立歴史民俗資料館
内部は当時の様子が再現され、黒光りした古い道具が複数展示されていました。
画像にはありませんが、丸い形の昔の郵便ポストも中に設置されていました。

高槻市立歴史民俗資料館
近畿ランキングに



 旧笹井家住宅は、古い建築形式を伝える江戸時代中頃の貴重な町屋建物で、昭和47年9月12日に高槻市文化財(建造物)第1号の指定を受けました。  その特徴は、妻入(つまいり)、本瓦葺(ほんがわらぶき)、上屋の扠首構造(さすこうぞう)と和小屋の併用などが見られ、古い民家の姿を残すとともに、京都・亀岡との地域的つながりをも示しています。  この建物は、もともと紺屋町(現在の高槻町19-2)にありました。笹井家は、安永年間に...
高槻市指定有形文化財 旧笹井家住宅(高槻市立歴史民俗資料館)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
落語みゅーじあむ
落語みゅーじあむ
上方落語のネタ「池田の猪買い」、「池田の牛ほめ」で知られる池田市に、落語みゅーじあむがあります。
別名、市立上方落語資料展示館というそうです。
内部は1階に高座があり、定期的に寄席も開かれています。
2階には噺家の楽屋が再現され、落語関係の音源や資料を利用することができます。

訳あって、内部を画像で紹介できないのが残念です。
代わりにこの周辺についてご紹介しましょう。

ふくまる
阪急池田駅を降りると、ふくまるの一家が出迎えてくれます。
これは何だかわかりますか?
市のマスコットキャラクターのウォンバットです。
日本で一番小さい動物園らしい、五月山動物園で飼われています。
カンガルーの仲間だそうですが、見た目はネズミの親玉です。

なお、五月山動物園では、プリンセス天功のアルパカもいるということです。
これはぜひ、押さえておきたいところですね。

ウォンバット
市にとってよほど大切な生き物なのか、郵便ポストの上にも乗っかっています。
なぜ樽を押しているのかは不明です。
横の奴はジョッキのようなものを持ってます。
ははー、さてはこいつら酒飲みか?
てことは、ワタクシの同類じゃん。

ちなみに、このポストのある栄町商店街は、NHKの連続テレビ小説「てるてる家族」の舞台でした。

ビリケン
存在理由が不明ということでは、ビリケンさんも同様です。
もともとは通天閣にいるはずが、出張でもしているのでしょうか?
ビリケン像は、落語みゅーじあむと道をはさんだ真向かいに設置してあります。
足の裏がピカピカになってるところを見ると、ずいぶん無理な願い事を聞かされてるんだなあと、同情を禁じえません。

アメリカ生まれの神様なので、てっきりBilly Kenなのかと思ってましたが、そうでないことを初めて知りました。

呉服座
ビリケン像の並び、少し行ったところに呉服座があります。
今は芝居小屋ですが、元は映画館でした。
シネコン全盛の時代に、単館で頑張ってました。
ポケモンをやってたのを思い出します。

せっかく池田に来たので、ワタクシは地酒の呉春を買いました。
昼間っからオッサンが一升瓶を下げてウロウロしてるのは、やはり恥ずかしい・・・



落語みゅーじあむ
近畿ランキングに



 今日は9時に家を出まして、池田に行ってきました。池田の猪い買いの時代だと、大阪からだとすごい旅行だったと思います。      【阪急池田はホーム下】     【猪名川の孫にあたる孫川??】    【商店街には活気がありました】【小奇麗なお店が両側に    並び活気に満ちていま      した、何分時間が早い  ので人通りは少なめでした】   【さすが池田ですな~】 池田へ猪買いに行くとなると、大阪...
落語みゅーじあむ(市立上方落語資料展示館)1



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪市立長居植物園
大阪市立長居植物園
自然史博物館に隣接して、長居植物園があります。
と言うか、長居植物園の中に自然史博物館があると言ったほうが正確ですが・・・

大阪市立長居植物園
正門を入ってすぐのところ。
遠くに、ロードトレイン アドベンチャー号の先頭部分が小さく見えます。
葉が一部色づき始めてますが、まだ紅葉には早いかな。

大阪市立長居植物園
ハスでいっぱいの大池。
後ろに見えるのは一文字橋です。
橋の向こうには、また違った風景があります。

大阪市立長居植物園
バラ園です。
南国の景色みたいですね。

大阪市立長居植物園
鮮やかに咲いていました。
春に比べると、咲いている品種が少ないようです。



大阪市立長居植物園
近畿ランキングに



花で作ったハートのアーチ 大阪市立 長居植物園 行って来ました - 気まぐれ直人ブログ



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

動・植物園 | 00:25:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミュージアムカフェ
ミュージアムカフェ
博物館や美術館を探すときに役立つのが「ミュージアムカフェ」です。
このサイトは地域や名称別に施設の検索ができ、展覧会情報などの詳細を見ることができます。
スマホアプリでも同じものがあるので、お勧めです。

ミュージアムカフェ
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

その他 | 10:15:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
あべのハルカス美術館
あべのハルカス美術館
日本一の高層ビル、あべのハルカス内のあべのハルカス美術館では「新印象派 光と色のドラマ」と題する展覧会が行われていました。
点描画の作品を集めた展覧会で、その代表格がスーラです。
「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の習作が数点展示されていました。
本物はシカゴに行かないと見られないのが残念です。

出口近くのビデオコーナーで、点描画の技法に関して解説がありました。
「絵の具は混ぜると暗くなるので、絵の具本来の色を点描し、人の目の中で混ぜ合わせるように云々」という説明に、なるほどなーと思いました。

あべのハルカス
16階の庭園前に、パノラマ模型が置いてあります。
これを見ても、周りのビルよりダントツに高いことがわかります。

あべのハルカス
16階の庭園から下の天王寺公園を見下ろしました。
これでもかなりの高さですが、展望台は60階と遙か上です。

あべのハルカス
オフィス階からの眺めです。
この高さでビルの半分くらいの位置です。

混んでたのと、当日券を買いに2階まで降りるのが面倒なので、展望台は今度の楽しみにとっておきました。



あべのハルカス美術館
近畿ランキングに



ハルカス300(展望台)からの夜景北側 JR天王寺駅北西角玉造筋と谷町筋が交差する「天王寺駅前」交差点西側から(3月8日撮影)あべのハルカスは、大阪市阿倍野区の近鉄 大阪阿部野橋駅に2014年3月7日グランドオープンした、近畿日本鉄道の超高層ビルです。百貨店やホテル・オフィス・美術館などが入居し、58~60階には展望台「ハルカス300」があります。高さは300m(地下5階・地上60階建て)で、ビルとしては高さ日本一を誇ります...
あべのハルカス 20140308 〜 ハルカス300(1)〜



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 06:52:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
小林一三記念館
小林一三記念館
小林一三記念館は、彼の私邸を資料館として公開したものです。
逸翁美術館から数分の距離で、病院の向かいにあります。

小林一三記念館
1階の応接室には作り付けの暖炉がありました。
ドアの向こうの部屋は、現在はレストランとして使われています。

小林一三記念館
2階の一三の書斎です。
他には奥様の部屋や、浴室なども同じ階にありました。

お金持ちのお屋敷を直に目にする機会などそうそうないので、非常に興味をそそられました。

小林一三記念館
別棟には、阪急電鉄の歩みが展示されていました。



小林一三記念館
近畿ランキングに



阪急電鉄、東宝の創業者で、宝塚歌劇の創始者でもある実業家・小林一三(1873~1957)の旧邸「雅俗山荘」。小林一三没後の昭和32年から平成20年までは彼のコレクションの古美術品を展示する「逸翁美術館」として使われていたが、美術館は近くに新築移転、平成22年より「小林一三記念館」として改めて公開されることになった。旧小林邸は大阪府池田市建石町、閑静な住宅街の一角にある。門は大阪府北部の能勢の旧家から移築さ...
第183回・旧小林一三邸「雅俗山荘」(旧逸翁美術館、現小林一三記念館)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:31:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
逸翁美術館
逸翁美術館
阪急電鉄の創始者である小林一三の雅号が逸翁です。
彼のコレクションを展示する美術館で、現在は「月を愛でる」と題された展示を見ることができます。
硯箱や掛け軸、かんざしや手鏡、琵琶なんかも展示されてました。
いずれも月を意匠としたものばかりです。

美術館の場合、撮影が許可されないことがほとんどなので、ブログで紹介するのは難しいですね。
リンク先をご参考に、実際にご自身の目でご覧いただくのがベストでしょう。

月で連想するのは、大好きなこの曲です。


逸翁美術館
近畿ランキングに



新館になって5年となる逸翁美術館、新しくなって初めて行ってきました。池田にある阪急電鉄、阪急阪神東宝グループの創業者小林一三の旧邸を展示場として開館した美術館です。阪急電鉄、阪急百貨店、宝塚歌劇など私にとって身近な阪急グループを起こした方です。小林一三の雅号である逸翁が館名、茶人逸翁の収集品が中心に展示されています。お茶室も併設されており、美術館所蔵のお道具でお点前を拝見しながらお茶をいただけます...
逸翁美術館 月を愛でる




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:25:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
今城塚古代歴史館
今城塚古代歴史館
高槻市の今城塚古代歴史館は、地方博物館とは言えないくらい立派な施設です。
平日にもかかわらず、駐車場はマイカーや大型バスが多数停まっており、人気の高さが伺えます。

今城塚古代歴史館
埴輪のワタクシにとっては、まさに至福の瞬間です。
埴輪はにわハニワ・・・

今城塚古代歴史館
あっちも埴輪、こっちもハニワでございます。
お相撲さんみたいなのも混じってますね。

今城塚古代歴史館
施設の隣には今城塚古墳があり、その模型が展示されていました。
芸術的なデザインですね。
古代人Good Job!

今城塚古墳
建物を出てすぐ裏手が、今城塚古墳です。
画面中央の茶色いラインは、これまた埴輪です。

木の茂っている辺りが古墳です。
幼稚園児や小学生の団体で賑やかでした。

今城塚古墳
古墳の上にも登れるんですよ。
埋葬されている方にとってはずいぶんと迷惑なことでしょう。
頭の上を散歩されるなんてね。
いやー、もう発掘されて、空っぽだったっけな?



今城塚古代歴史館
近畿ランキングに



史跡 今城塚古墳公園 (いましろ大王の社)~今城塚古代歴史館 - ぎゃるまま日記(ギャルママ日記)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ