■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

出雲玉作資料館
出雲玉作資料館
日本でもここだけという、玉作りの資料館に来てみました。
場所は島根県の玉造温泉のすぐ近くです。

島根県は古代出雲の地でもあるので、勾玉や管玉などの碧玉を使った玉の大生産地です。
お察しの通り、玉造温泉の玉造もこのことに由来します。
規模は地方の公民館クラスなので、展示スペースはそれほど大きくありません。

出雲玉作資料館

出雲玉作資料館

出雲玉作資料館

出雲玉作資料館

出雲玉作資料館

出雲玉作資料館
恋愛祈願にご利益があるという、玉作湯神社も近くです。
玉造の温泉街からもそれほど遠くないので、資料館ともども、散歩がてら訪れるのもいいんではないでしょうか。



出雲玉作資料館
国内旅行 ブログランキングへ



出雲から宍道湖の南を玉造へ行きました。昨日と今日が入れ替わっていたら最高のゴルフだったのですが。  玉造温泉は何回も泊まったことがあるので素通りして出雲玉造資料館へ行きました。  ここではその名の通り、勾玉、管玉が制作されました。正面に見える花仙山(玉作山)から原石である「青めのう(碧玉)」が掘られました。併設する史跡公園も歩きました。  弥生時代から平安時代まで、長期にわたり玉類を生産した遺跡が...
山陰道-1、その3



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 15:13:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
足立美術館
足立美術館
本日は、島根県安来市の足立美術館の紹介です。
足立美術館といえば、横山大観のコレクションで知られています。
また、日本庭園日本一の称号を、海外の専門誌より連続して贈られる庭を有しています。

足立美術館
地元出身の実業家、足立全康が生家跡に設立したのが足立美術館です。
貧農出身の彼は大阪で、初めは繊維業、後に不動産業で財を成しました。
新大阪周辺の土地ころがしで、莫大な儲けがあったそうです。
彼は山っ気が強く、投機目的で西洋画を買いあさっては大損したり、また艶聞も多く、エピソードに事欠かない人物です。

足立美術館
展示作品は撮影できないので、素晴らしい庭をご覧いただきましょう。

足立美術館
枯葉一枚落ちてないような、手入れの行き届いた庭です。
複数の庭師が常駐して、庭の維持管理が行われています。

足立美術館
庭は眺めるだけで、中に入ることはできません。

正面奥の山肌に流れる「亀鶴の滝」は、横山大観の「那智乃瀧」をイメージして、この庭園のために造った人工の滝です。

足立美術館
遠景のどこにも電柱や電線が見えないのは、景観のため中国電力が電線の地中埋設に協力してくれたおかげです。

足立美術館
本館には横山大観を中心に、日本画の展示があります。
他には、北大路魯山人と河井寛次郎の陶芸コーナーが設けられてます。
画像は新館で、現代の日本画が展示されてました。



足立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



雨でも緊張感のあるお庭 足立美術館天候に左右されずに楽しめる場所ということで、今回の旅の最初にやってきたのは、足立美術館!!『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』の三ツ星、しおさいプロジェクト日本庭園のランキング1位(しかも11年連続)にも選ばれており、海外からの旅行客にも大人気な庭園を見る美術館です。庭園は美術館の館内から外を眺める形式なので、雨が降っていても濡れません。雨で緑がツヤツヤしてキレ...
雨の足立美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 22:13:56 | トラックバック(0) | コメント(6)
出雲大社 その2
出雲大社
ワタクシまたしても、出雲大社に来ています。
前回は12月の参拝で、今回は1月4日の参拝です。
この数ヶ月というもの、なぜか島根や鳥取の旅行が集中してしまいました。
自分でも笑ってしまいます。
その分、カニはたらふく食べましたが…

画像は、遠くからでも出雲大社の目印になる、畳75畳敷の広さの日の丸です。
大昔にあったとされる本殿より少し低い、47mの高さです。

出雲大社
正月三が日が過ぎたので、人出は思ったほどでもありませんでした。
日が当たって、本殿がきれいに見えています。
この桧皮葺の屋根ですが、厚みは1mもあるそうです。

出雲大社
本殿前の八足門は普段は閉じられてますが、正月期間中は開放されています。
本殿により近いところで参拝できますが、内部は撮影不可です。

出雲大社の正式な参拝作法は、二礼四拍手一礼です。
まず二回お辞儀をして、それから柏手を四回打ちます。
打った手を離さずに願い事を思い浮かべ、最後に一礼します。

参拝後に、かわらけの盃で、お神酒をいただいたりできるんですよ。

出雲大社
この細長い建物は何かなーと気になってましたが、神在月(10月)に全国からやって来る神様のお住まいだそうです。
政府登録国際観光旅館「出雲ゴッド・ホテル」ですね。
ちなみに、全国から神様がここ出雲の地にやってきて何をするかというと、誰と誰を引っ付けるかの相談をするそうです。
なんか、結婚相談所みたいですね。

出雲大社
神楽殿の大しめ縄。

今回は正月ということで、ワタクシ神楽殿でご祈祷を受けました。
ご祈祷を受けるにもいろいろしきたりがあって、本来は正装しないといけないそうですが、首から渡された布みたいなのを下げると普段着でもOKになりました。
また、正面は神様の通り道なので、昇殿の際は端っこから上がるとか、帽子やマフラー、サングラスは外すとか、決まりがあります。
当然、内部は撮影禁止です。

大太鼓と笛で祈祷が始まり、神職が祝詞を奏上します。
かなり気合が入った感じでした。
その後、巫女の神楽が始まります。
大太鼓のリズムに合わせ、巫女が鈴を振りながらゆったりと舞います。
シャリンシャリンと澄んだ鈴の音が、厳かな雰囲気の中、響き渡ります。
パワースポットの極めつけ、出雲大社のご祈祷が受けられ、ワタクシなかなか貴重な経験でした。

出雲大社
出雲国造家千家国造館です。
出雲大社の国造(宮司)、千家のお住まいです。
中には入れません。



出雲大社
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



1日に八重垣神社へ初詣したので、今日はもう初詣ではないのですが、せっかくなので出雲大社にお参りしてきました。ただし!これがなかなかの難行苦行。松江しんじ湖温泉を10時30分に出発する電車に乗るのですが、実家から松江しんじ湖温泉まで直通で行けるちょうどいいバスがなく、まずは9時29分のバスで松江駅まで行き、松江駅で9時45分の北循環線のバスに乗り換えることになりました。それぞれ別にバス代がかかるので、なかなか...
出雲大社に初詣。



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

寺社 | 15:11:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
島根県立古代出雲歴史博物館
島根県立古代出雲歴史博物館
年明けから、ミュージアムに無関係の記事が続きましたので、そろそろミュージアムネタに戻らないといけませんね。
ということで、大昔の出雲地方のお勉強ができるのが「島根県立古代出雲歴史博物館」です。
出雲大社のすぐ近くに建ってます。

島根県立古代出雲歴史博物館
館内に入るとすぐ目に飛び込んでくるのが、発掘された出雲大社の本殿の柱です。
三本の巨木を束ねて柱にしているもので、大昔の本殿の巨大さが想像できます。

島根県立古代出雲歴史博物館
これが、平安時代末期にあったのではないかという本殿の復元模型です。
階段の上の方に見える白いのが人で、規模の巨大さがよくわかります。
高さはベタ踏み坂の江島大橋と同じくらいの50m弱です。
現在の本殿とは比べ物にならないくらいの高層建築です。
まだ確実な証拠がないので推測の域を出ませんが、こんなのが昔にあったとしたら面白いですね。

島根県立古代出雲歴史博物館
研究者それぞれが、自説に基づき復元した模型です。

島根県立古代出雲歴史博物館
本殿の屋根に、こんなの載っかってましたね。

島根県立古代出雲歴史博物館
テラスから見た景色です。
森の向こうに出雲大社があるはずですが、よくわかりません。

島根県立古代出雲歴史博物館
王者の刀は案外、軽かったです。

島根県立古代出雲歴史博物館
昔の馬は、ポニーくらいの大きさだったはずですが…

島根県立古代出雲歴史博物館
銅鐸がいっぱい。

島根県立古代出雲歴史博物館
銅剣もいっぱい。

島根県立古代出雲歴史博物館

島根県立古代出雲歴史博物館
「押すなよ!押すなよ!絶対に押すなよ!」
上のほうでは誰か叫んでます。

島根県立古代出雲歴史博物館

島根県立古代出雲歴史博物館

島根県立古代出雲歴史博物館
なぜか、こんなのもあります。



島根県立古代出雲歴史博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



出雲大社の東隣りにあります島根県立古代出雲歴史博物館。豊富な展示内容で、神話の国出雲のなりたちや歴史を学ぶことが出来ます。今まで行ったことがなかったのですが、歴史の好きな方にはピッタリの施設でした。出土した出雲大社の本殿の柱出雲大社や古墳群など、発掘された古代の出土品がたくさん展示されています。発掘された遺跡を手がかりに再現された平安時代の出雲大社本殿の1/10模型こちらは古墳群から出土した豪族のきら...
島根県立古代出雲歴史博物館(島根県)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(7)
出雲大社
明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

出雲大社
新年第一弾はお正月らしく、島根県の出雲大社のレポートです。
一発目からミュージアムと無関係ですが、今年もこんな調子でテキトーにやっていきますよー。

出雲大社
大国主を祀る出雲大社は、正式には「いづもおおやしろ」と読むそうです。
境内のところどころに、大国主と白兎の像があります。

出雲大社
境内はめちゃくちゃ広いです。
参道の外れから見ても、どこに本殿があるのかわかりません。

出雲大社
ずっと進んでも、まだ本殿が見えません。

出雲大社
ずんずん進んでいくと、それらしきものが見えてきました。
まずは拝殿にお参りしましょう。

出雲大社
こちらは神楽殿です。

出雲大社
テレビとかで大しめ縄をよく目にしますね。

出雲大社
八足門の奥に本殿があります。
でもこの位置からでは、よく見えません。

出雲大社
左のほうに回り込んでみます。

出雲大社
隅まで来て、ようやく本殿が見えてきました。
一番大きな建物が本殿です。

出雲大社
真後ろから見た本殿です。

出雲大社
今回は12月に訪れたので人もそれほど多くありませんが、まさにお正月はたいへんな人出でしょうね。

出雲大社

出雲大社

出雲大社
境内にはこんな変わった建物もあります。



出雲大社
近畿ランキングに



出雲大社へ行ったから - 【ノラ猫コラムニスト】巴のブログ



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

寺社 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ