■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ

■PR

■Twitter

■最新記事
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■リンク
■-

新見美術館
新見美術館
岡山県新見市の新見美術館が、本日の訪問先です。
おっと、いきなりの階段です。
こんなの登るの嫌だなあと考えていたら、上にも駐車場があることがわかりました。
やれやれ。

新見美術館
こちらが入り口です。

新見美術館
今は、「マイメロディ・キキ&ララ(リトルツインスターズ)展」の開催中です。
オッサンには不似合いな展覧会ですが、せっかく来たので覗いて行くことにしましょう。

新見美術館
館内は、マイメロディや、キキとララの絵でいっぱいでした。
グッズなんかもいろいろあり、サンリオ女子には大受けでしょう。

新見美術館
どうやら移動展ではないみたいなので、興味があればここに来るしかなさそうです。

新見美術館
ちなみに美術館周辺は、超カントリーです。



新見美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 12:14:44
林原美術館
林原美術館
以前、岡山城周辺のミュージアムを廻った際、折悪しく閉館中でパスせざるを得なかったのが、ここ、林原美術館です。
本日はスケジュールをしっかり確認して、やって来ました。
立派な長屋門ですなー。
萱野三平記念館を思い出したりして…

林原美術館
展覧会は、「サムライの纏うもの」
甲冑などが見られそうです。

林原美術館
こちらが美術館です。
門とぜんぜん雰囲気が違いますね。
内部は武家屋敷跡みたいな想像をしていたのに、ちょっと意外でした。



林原美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
高梁市成羽美術館
高梁市成羽美術館
成羽川近くに建つ、高梁市成羽美術館は岡山県にあります。
ところで、高梁市は何と読むかわかりますか?
これで、たかはししと読みます。
こんなん、ちょっとわからんでー。

高梁市成羽美術館
コンクリート打ちっぱなしに水とくれば、誰のデザインかすぐにわかりますね。
周囲の景観から、思いっきり浮きまくってます。

高梁市成羽美術館
地元出身の画家、児島虎次郎の特別展が開催中でした。
?児島虎次郎?
はて、どこかで聞いたような名前だこと。
と、思案投げ首、師走のカエルは考える、とばかり思いを巡らしていたところ、ピカッと思い出しました。
確か、大原美術館のコレクションに貢献した画家じゃなかったかしらん?
エル・グレコの「受胎告知」や、ゴーギャンの「かぐわしき大地」など、パトロンの大原孫三郎の命を受け、買い付けた御仁だったはず。
受付のお姉さんに確認してみると、やはりそうでした。
倉敷の、児島虎次郎記念館訪問時以来の再会です。

高梁市成羽美術館
立派な館内をウロウロしていたら、どこかで見たような景色に出会いました。
モネのジベルニーの庭を模しているそうですが、こんなんちゃうでー。
その点を突っ込むと、係のお姉さんが困った顔をしていました。←嫌なオッサン

高梁市成羽美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
やかげ郷土美術館
やかげ郷土美術館
岡山県南部の、小田郡矢掛町にある、やかげ郷土美術館をご紹介します。
規模の小さなローカル・ミュージアムで、水見やぐらが併設されています。

やかげ郷土美術館
会期はすでに終わってしまいましたが、訪問時には「本池秀夫 革の世界展」が行われていました。
実物大に再現した動物が、すべて革製とは思えないような出来栄えです。
特に象の頭部など、剥製のようなすごい迫力です。

そうかと思えば、小さな人形たちで人生の一コマを再現したような作品にも目が奪われます。
家具や調度品、建物まで、ほぼすべてが革でできていて、素晴らしいの一言です。
もし目にする機会があれば、ぜひ実物をご覧ください。

やかげ郷土美術館
螺旋階段を上がって、水見やぐらに登ってみました。

やかげ郷土美術館
矢掛町は、山と川に挟まれた田畑の多い小さな町です。



やかげ郷土美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
井原市立田中美術館
井原市立田中美術
東京のミュージアムを廻った際、平櫛田中彫刻美術館を訪れました。
展示作品はそれほど多くなかったのですが、田中の彫刻作品を目にし、もっと多くのものを見たいと感じました。
今回その願いが叶い、田中の生まれ故郷である、岡山県井原市の井原市立田中美術館の訪問となった次第です。

館内撮影できないのが残念ですが、大きいものから小さいものまで、多くの彫刻作品が展示されています。
館内には東京上野桜木町のアトリエも再現されており、横山大観らの援助により桜木町のアトリエが完成したとのことでした。

作品を眺めていて感じたのは、不細工な面構えの人物が多いなということです。
「尋牛」など最たる例ですが、鼻がひしゃげていて、なんともひどい顔です。
どうせ彫刻の題材にするなら美男美女が観たいものですが、ここにはユーモラスな面構えの彫刻作品が目白押しでした。

井原市立田中美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 02:37:22
次のページ

FC2Ad