■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

耕三寺博物館
耕三寺博物館
平山郁夫美術館のすぐそばに、耕三寺博物館があります。
ここは大阪の元実業家・耕三寺耕三が、母の供養のために建てたお寺で、境内一帯が博物館として公開されています。

中でも目を引くのが、数々の建物です。
思いっきりデジャヴ感を味わえますよ。
山門からして、京都のアレ風です。

耕三寺博物館
山門をくぐると見えてくるのが、五重塔です。
奈良で見たことがあるような、ないような…

耕三寺博物館
鉢植えのハスが、やたらたくさんあります。

耕三寺博物館
正面に見えてきたこの門は、孝養門です。
確か、日光で見たような…

耕三寺博物館
びっしりと施された彫物が圧巻です。

耕三寺博物館
本殿です。
思わずワタクシ、10円玉の裏側と見比べてしまいました。

耕三寺博物館
救世観音大尊像です。
巨像のあるところは、なぜか見どころが多いので、楽しみです。

耕三寺博物館
未来心の丘には、ぶったまげますよ。

耕三寺博物館
とにかく、丘全部が大理石でできてます。
安物のテーマパークなら、コンクリートに白いペンキを塗って、なんちゃって大理石でしょうが、ここは全部本物です。

耕三寺博物館
全部で3000トンの大理石を使ってるとか。
青い空に白い景色が、まるでエーゲ海を思わせます。←テキトーなこと、ほざいてますな。

耕三寺博物館
サイレントヒルに出てきそうなのが、いてました。

耕三寺博物館
耕三寺の道向かいには、金剛館があります。
美術品を展示するスペースで、百鬼夜行の絵画展が開かれてました。

耕三寺博物館
門の上には、鳳凰が載ってます。

耕三寺博物館
潮聲閣は、耕三が母のために建てた邸宅で、洋風の外観に和風の書院造を融合させた建物です。

この他にも、ユニークな建物が複数あります。
時間に余裕がなくて、すべて回りきれなかったのが悔やまれます。
中でも千仏洞地獄峡は、後になって気づいたのですが、ここを見そこねたのは痛恨の極みです。
面白そうだったのになぁ…



耕三寺博物館
近畿ランキングに



呉市の大和ミュージアムを出て、高速に乗り、広島を通過して、”しまなみ海道”へ。8人が一つの車にのり、昨日から広島・山口を走り回っている。ずっと運転をしてくれてる和菓子屋の若旦那に頭が下がる。彼は今回の視察旅行の感じで、旅の手配からなにからやってくれている。もちろん、車の運転も全て。ありがたいね。  途中、サービスエリアに立ち寄り、休憩を挟みながら次の目的地の耕三寺に向かってる。そろそろ”しまなみ海道”...
広島・山口 しまなみ海道・耕三寺



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)