■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ

■PR

■Twitter

■最新記事
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■リンク
■-

なかた美術館
ネタは溜まってるんですが、大阪北部地震で少しめげて、その後の異常な暑さに何もやる気がせず、ダラダラと日々を過ごしております。

西日本豪雨で被害を受けられた皆様に、お見舞い申し上げます。
以前訪問した、やかげ郷土美術館高梁市成羽美術館は無事でしょうか?
獺祭で知られる、旭酒造はかなりのダメージを受けたようです。

本日紹介する、なかた美術館も、断水のため現在閉館中とのことです。

なかた美術館
場所は広島県の尾道駅を少し北に上がったところで、目の前に水路が流れています。
千光寺公園の尾道市立美術館も近くです。
ここは、造船会社のナカタ・マックコーポレーションの運営で、本社も同館内にあります。

なかた美術館
入るとすぐ目の前にレストランがあり、一瞬、来る所を間違えたかと思いました。
しばらくすると受付に人が来たので、チケットを買い美術館に入りました。
『春の庭』と題する、花の絵の展覧会です。
訪問からだいぶ時間が立ってしまったので、かなりうろ覚えですが、館内はけっこう広かったような気がします。
展覧会や館内コンサートの予定もあるので、早く再開できるといいですね。



なかた美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 10:10:35
ひろしま美術館
ひろしま美術館
館名からもわかるように、広島市にある、ひろしま美術館に行ってみました。
ここは広島銀行が母体の美術館です。

ひろしま美術館
円形の美術館内はテーマごとに部屋が4つに別れており、一部撮影が可能です。

ひろしま美術館
別棟では「ねこがいっぱい ねこアート展」が開催中でした。
最近やたらと、猫をテーマとした展覧会が多いような気がします。
アートと猫は相性が良いのかしらん?

ひろしま美術館
うちのにゃんこが、いっぱいです。

猫といえばワタクシ、このメロディーが頭の中をリフレインします。


ひろしま美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
ウッドワン美術館
ウッドワン美術館
広島県廿日市市の、ウッドワン美術館を訪れてみました。
ここは、建材メーカーのウッドワンが母体の美術館です。
以前、京都文化博物館でウッドワン美術館のコレクション展を観ました。
なかなか見応えがあったので、ぜひ一度、本場で観てみたいと思い、やって来たのです。
思いっきり山の中ですが、中国自動車の吉和インターからはすぐのところです。

現在、「吉村芳生と吉村大星 365日エンピツ画」展が行われています。
鉛筆画家の親子展です。
ポスターの猫の絵は一見すると写真のようですが、実は色鉛筆で描かれたものです。
エンピツ画というからには、小さな作品ばかりかなと勝手に思い込んでいましたが、中に入ると驚きました。
壁一面の巨大サイズの絵が複数展示されています。
しかもどれも色鉛筆で描かれたもので、超写実的な作品ばかりです。
一瞬、ホキ美術館を思い出したりしました。
絵の題材は、猫や自然、それに新聞紙面をそのまま描いたりと、なかなかおもしろい試みです。
一作仕上げるのに、どれだけ時間がかかるんでしょうか?

ウッドワン美術館
こちらが、常設展が開かれている新館です。
マイセンの磁器や、アール・ヌーヴォーのガラス作品が多数展示されています。
特に、磁器に配された人形の細かいこと。
指の一本一本まで精緻に作り込まれています。
あんな繊細な造形が、よく壊れないことと感心します。

ウッドワン美術館
この日は残念なことに、朝から土砂降りでした。
天気が良ければ建物全景とか、周囲を撮影したかったのですが、雨降りの中、傘をさしてウロウロするのは気が乗りません。
屋根の下から、少しだけ写真を撮ることにしました。
これでは、どこに行ったのかよくわかりませんね。

ウッドワン美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
平山郁夫美術館
平山郁夫美術館
シルクロードの絵で知られる平山郁夫は、現在の尾道市(生口島)の出身です。
彼の作品は滋賀県の佐川美術館でも鑑賞できますが、やはり生まれ故郷ということもあり、子供時代からの作品が展示されてました。
よく残ってたものだと、感心します。

場所は非常にローカルなところですが、規模も大きく充実した美術館です。

平山郁夫美術館
美術館といえば、コンクリート打ちっぱなしの「箱」みたいなのが少なくないですが、切妻の和風デザインは、見ていて心が和みます。

平山郁夫美術館
瀬戸内海の景色を模したという庭は、エントランスからガラス越しに眺められます。

瀬戸内海
平山少年も、日々こんな景色を眺めながら成長したんでしょうね。
画像は、生口島の近くの大崎上島から、東の方向を撮影しました。
日の出前の景色です。



平山郁夫美術館
近畿ランキングに



平山郁夫美術館旅の行程も色々終わりに近づいて来るがここまで来ると如何しても立ち寄りたい場所に平山郁夫美術館がある。広島県尾道市瀬戸田のお生まれと聞くから画伯の出身地 郷土の美術館である。午後から降り出した雨もそれ程大降りにもならず 一行バスプールの土産物店でお借りした傘を片手に見学である。10分ほど歩いたのであろうか 静かな佇まいの美術館である。和風の門をくぐり暫く路地を歩く事になるがこの雰囲気が...
平山郁夫美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad