■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

芭蕉翁記念館
芭蕉翁記念館
上野公園内には上野城忍者屋敷以外に、芭蕉翁記念館もあります。
俳聖・松尾芭蕉の生涯の紹介や、関連資料の展示があります。
ちなみに芭蕉は、現在の伊賀市出身です。

芭蕉翁記念館
撮影できたのは、入口の部分だけです。
展示品は、携帯に便利な小型の歳時記とか多かったです。
ワタクシ、俳句には縁がないもので、見学しててもあまり面白いとは感じませんでした。

芭蕉翁記念館
ちょっと歩いたらへばるワタクシにとって、昔の旅は想像を絶してます。
便利な現代に生まれて、ほんと良かったよ。

芭蕉翁記念館
俳聖殿は1942年に建てられました。
芭蕉生誕300年記念の建築物です。
中には芭蕉の像が安置されてます。
暗すぎて中は写りませんでした。



芭蕉翁記念館
近畿ランキングに



 犬人です。今週もブログ内では年明けしておりませんが、お付き合いよろしく。 12月8日、お隣三重県の伊賀市に出かけ、そこにある伊賀上野城に行ってきました。もちろんこの格好で(笑)! みなさんご存知の通り、伊賀市は伊賀忍者の里。じゃあ、その服どこで着るの「伊賀でしょっ!」ってなもんです♪ こちらでは毎年春にその名も『伊賀上野NINJAフェスタ』と題し、忍者をテーマにしたイベントが多数行われ、期間中の土日・祝...
伊賀でしょ!



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
だんじり会館
だんじり会館
上野天神祭のだんじりを公開してるのが、だんじり会館です。
上野公園のすぐ近くです。

だんじり会館
展示スペースはガラスに囲われているので、外から見るだけです。

だんじり会館
実物大のマネキンを配して、祭りの雰囲気を再現しています。

だんじり会館
京都の祇園祭みたいです。

だんじり会館

だんじり会館
こちらは鬼行列です。

だんじり会館
古びた面が、なんとも不気味な感じです。

だんじり会館
車の屋根に忍者がしがみついてます。



だんじり会館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
上野歴史民俗資料館
上野歴史民俗資料館
伊賀流忍者博物館伊賀上野城の近所に、上野歴史民俗資料館があります。
ここは前記2館と違い、無料で入館できる施設です。
ワタクシが入るなり職員さんに「上野歴史民俗資料館にお越しですよね?」と念押しされました。
たぶん、エンタメ施設かなんかと勘違いして来る観光客が多いのだと思います。
ガッカリする訪問者の顔を見て、この職員さんも過去に辛い思いをしてきたのではないでしょうか?
ワタクシもちろん、施設の内容を把握した上での訪問です。
キリッ!

上野歴史民俗資料館
1階は、昭和30年代の暮らしを再現した展示です。

上野歴史民俗資料館
さすがにここまで古びた生活ではありませんが、子供の頃を思い出すような気がしました。

上野歴史民俗資料館
田舎の爺ちゃん婆ちゃんの家って感じですね。

上野歴史民俗資料館
テレビも無ェ ラジオも無ェ
俺らこんな村いやだー

上野歴史民俗資料館
玄関先には、奇妙なまじないの紙が貼ってあります。

上野歴史民俗資料館
2階は「古代に会える部屋」です。

上野歴史民俗資料館
特にコレといったようなものがあるわけでも…
ないです。

上野歴史民俗資料館
ローカル・ミュージアムにありがちの展示ですね。

上野歴史民俗資料館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
伊賀上野城
伊賀上野城
伊賀上野に行ったら、やはり伊賀上野城に寄らなくては。
ということで、本日は伊賀上野城の紹介です。←伊賀上野ばっかりやん。

築城名人・藤堂高虎が築いたという伊賀上野城ですが、天守閣は建設中に暴風雨で倒壊し、時代が徳川政権へと一気に傾いたことをきっかけとして、城普請も中途半端なまま終わってしまいました。
なお、現在の天守は、昭和10年に建てられたものです。

伊賀上野城
高さ30mの高石垣
草ぼうぼうでわかりにくいです。

伊賀上野城
天守は資料館として公開されてます。
入るとすぐに、藤堂高虎と、たいがーがお出迎えです。
頭に石垣がのってます。
高虎のトラと伊賀を組み合わせたネーミングが、ちょっと安易な気がしないでもありませんが…

伊賀上野城
お城ということで、内部は甲冑だらけです。

伊賀上野城
兜なんかも、こんなにあります。

伊賀上野城
まだ、あります。

伊賀上野城
古墳時代の甲冑って、あんたいきなり唐突やん。

伊賀上野城
階段を上がった二層目です。
ここも資料がずらっと展示されてます。

伊賀上野城
急な階段を上がった最上層です。
折上格天井が書画で飾られてます。
横山大観の作品が中央にありました。

天守からの眺めですが、思ったほどいい絵が撮れなかったのでボツにしました。←いちおう、オッサンのこだわりですな。

伊賀上野城
石垣が、いい雰囲気です。
途中、雨に降られたので、ゆっくり散歩できなかったのが残念でした。



伊賀上野城
近畿ランキングに



伊賀上野の忍犬たち♪ あかね色



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
松浦武四郎記念館
松浦武四郎記念館
松浦武四郎という名前を聞いて、「ああ、あの人ね」っていう方は、地元民以外ほとんどいないのではないでしょうか。
かく言うワタクシも、彼のことは知りませんでした。
NHKの歴史秘話ヒストリアで、彼のことを知ったのです。
今回、記念館の近くまで来たので、自分の目で確かめてみようと思った次第です。
場所は、三重県松阪市です。

松浦武四郎記念館
てっとりばやく言うと、松浦武四郎は幕末から明治にかけての旅行家で、蝦夷地での活動が特筆に値します。
蝦夷地探検を繰り返し、多くの調査報告を遺しました。
アイヌと深く交流し、彼らの暮らしぶりを紹介したのみではなく、社会的に虐げられていた現状を訴えることもしました。
また、北海道の名付け親でもあります。

松浦武四郎記念館
資料館の展示品は、書籍や書が中心です。
アイヌの暮らしを説明した映像もありましたが、実物展示が皆無だったのが残念でした。
地味なテーマなので、一般受けはしにくいのではないでしょうか。

松浦武四郎記念館
武四郎は、幕末の重要人物との交流もあります。

松浦武四郎記念館
武四郎最晩年の頃に造った、一畳敷書斎の再現です。
この小さなスペースで、老境の彼は何を考えたのでしょうか?



松浦武四郎記念館
近畿ランキングに



  ご存知、「北海道犬」の 別名は「アイヌ犬」・・・。カムイと出会ってから 興味を持った「アイヌの文化」。どんなものなのだろう・・・と、先日、三重県松阪市にある、「北海道」の名づけ親・松浦武四郎さんの記念館へ行ってきました。この日は、「武四郎まつり」の日♪私達は、まだオープニングセレモニーの真っ最中に到着したにもかかわらず、たくさんの人で賑わっていました。まずは、記念館を見学☆ロビーへ入ると・・・床に...
「アイヌ文化」に魅せられた ひととき。



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)