■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

パラミタミュージアム
パラミタミュージアム
池田満寿夫の「般若心経シリーズ」で知られるパラミタミュージアムは、三重県菰野町にあります。
湯の山温泉の近くで、場所は結構辺鄙なところですが、近鉄電車の駅が歩いていける距離にあるので、交通の便は悪くないです。

パラミタミュージアム
以前、三重県立美術館を訪れた際にここも勧められたのですが、時間がなくてパスしてしまいました。
現在は「北勢萬古名品展」が行われています。
イマイチ趣味に合わなかったので、こちらはサラッと流し、常設展をじっくり観てみました。

ワタクシが一番心惹かれたのが、江里佐代子の截金のコーナーです。
京都迎賓館でも截金を施した人間国宝ですが、緻密な造形にため息が出そうになります。

そしてメインの池田満寿夫のコーナーです。
彼のイメージはエロい画家とか、何でも屋みたいな漠然としたものしかありませんでしたが、陶芸にも力を入れてたんですね。
ザックリとした荒削りな作陶に仏の顔が浮かぶ、不思議な造形です。

パラミタミュージアム
帰ってから気づいたのですが、館内は原則撮影自由とのことでした。
特別展が撮影不可だったので、全部ダメかと思ってちょっとしか撮らなかったのが悔やまれます。

パラミタミュージアム
建物の外には雑木林の小さな庭があります。

パラミタミュージアム
こちらにも作品が展示されています。
山口牧生の「石の中」です。

パラミタミュージアム
こちらは内田鋼一の「壺の道」です。

近くの温泉でのんびりして、芸術鑑賞で心を豊かにするって、いいですよ。

パラミタミュージアム
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



朝起きたら、1枚の置手紙があった。「旅に出ます・・ とうちゃんより」と、余り多くを語らない、まじめ一直線で物静かな男は、一体どこに? とうとう家出か?・・どうやらフェリー乗り場に 向かった様子だ。泣け無しの小遣いで 四国外に出る作戦が見えてきた。船から見る瀬戸内海が好きだなぁ・・でも、今日は切ないブルーやね。健気に自ら握った シソのフリカケ・中は梅干しの おにぎりを 一人 寂しくデッキで頬張った。 フェ...
【番外編】とうちゃんの置手紙




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 01:12:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
石水博物館
石水博物館
石水博物館は、川喜田半泥子(かわきたはんでいし)や、川喜田家の所蔵品を展示しています。
場所は、三重県の津市です。
ワタクシが訪れた時は、半泥子の作品展が開催中でした。
陶芸が多くを占めていましたが、半泥子独特の、猫のような可愛い虎の絵も飾られていました。

半泥子の本業は銀行の頭取で、朝起きると、出社するまで陶芸に取り組み、帰宅後も寝るまで陶芸に没頭するという、そんな暮らしを永く続けた趣味人です。
芸術を金儲けの手段とすることを潔しとしなかったのも、本業があってのことでしょう。

石水博物館
訪問者は平日でもけっこういました。
太い道を曲がっていきなり細い道に入り込むので、ルートが非常にわかりにくいです。
ナビ無しだと思いっきり迷うと思います。

石水博物館
近畿ランキングに



三重県津市にある石水博物館実業家であり陶芸作家でもあった川喜田半泥子が昭和5年に設立した財団法人石水会館をルーツとする博物館津市唯一の百貨店「松菱」の向かい辺りにある石水会館が現在石水博物館がある半泥子ゆかりの津市垂水の千歳山に移転すると発表があった時、津市民に少なからず動揺が走ったのを覚えています。昭和50年、2011年5月に開館。書画、錦絵、古文書、人形など川喜田家から寄贈された約3万点の資料を収蔵も...
『石水博物館』(津市)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
芭蕉翁記念館
芭蕉翁記念館
上野公園内には上野城忍者屋敷以外に、芭蕉翁記念館もあります。
俳聖・松尾芭蕉の生涯の紹介や、関連資料の展示があります。
ちなみに芭蕉は、現在の伊賀市出身です。

芭蕉翁記念館
撮影できたのは、入口の部分だけです。
展示品は、携帯に便利な小型の歳時記とか多かったです。
ワタクシ、俳句には縁がないもので、見学しててもあまり面白いとは感じませんでした。

芭蕉翁記念館
ちょっと歩いたらへばるワタクシにとって、昔の旅は想像を絶してます。
便利な現代に生まれて、ほんと良かったよ。

芭蕉翁記念館
俳聖殿は1942年に建てられました。
芭蕉生誕300年記念の建築物です。
中には芭蕉の像が安置されてます。
暗すぎて中は写りませんでした。



芭蕉翁記念館
近畿ランキングに



 犬人です。今週もブログ内では年明けしておりませんが、お付き合いよろしく。 12月8日、お隣三重県の伊賀市に出かけ、そこにある伊賀上野城に行ってきました。もちろんこの格好で(笑)! みなさんご存知の通り、伊賀市は伊賀忍者の里。じゃあ、その服どこで着るの「伊賀でしょっ!」ってなもんです♪ こちらでは毎年春にその名も『伊賀上野NINJAフェスタ』と題し、忍者をテーマにしたイベントが多数行われ、期間中の土日・祝...
伊賀でしょ!



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
だんじり会館
だんじり会館
上野天神祭のだんじりを公開してるのが、だんじり会館です。
上野公園のすぐ近くです。

だんじり会館
展示スペースはガラスに囲われているので、外から見るだけです。

だんじり会館
実物大のマネキンを配して、祭りの雰囲気を再現しています。

だんじり会館
京都の祇園祭みたいです。

だんじり会館

だんじり会館
こちらは鬼行列です。

だんじり会館
古びた面が、なんとも不気味な感じです。

だんじり会館
車の屋根に忍者がしがみついてます。



だんじり会館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
三重県総合博物館(MieMu)
三重県総合博物館
三重の自然や文化を紹介するのが、津市にある三重県総合博物館です。
MieMu(みえむ)の愛称で親しまれています。

三重県総合博物館
建物は非常に大きいのですが、展示スペースはそれほど広くありません。
いったい何に残りのスペースが使われてるのか、不思議な感じすらします。

三重県総合博物館
三重といえば海のイメージが強いのですが、山地にはニホンカモシカなんかいるんですね。

三重県総合博物館
三重といえばやはり海です。

三重県総合博物館
そして海女さんです。

三重県総合博物館
それからスナメリです。←かなり強引です。

三重県総合博物館
やはり伊勢が出てきました。

三重県総合博物館
伊勢は津で持つ 津は伊勢で持つ 尾張名古屋は城で持つ、と。

三重県総合博物館
この絵、何だっけなあ?

三重県総合博物館
何でこんなところに犬がいるのか不明です。

三重県総合博物館
近畿ランキングに



もうすぐ始まります!三重県総合博物館MieMu OPEN以来初めての昆虫展!第7回企画展あんな虫、こんな虫、そんな虫身近な小さな生きものたちホワイトバックの虫の写真よく見れば見るほど凄いぞ、このポスター!!夏休みの子供たちに合わせた時期の昆虫展様々なコレクションを持つMieMuですしどうも、昆虫化石の展示もありそう「県民とともにつくる博物館」な取り組みを昆虫関係でやっていますしどんな内容になってい...
『あんな虫、こんな虫、そんな虫 身近な小さな生きものたち』始まるよ



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ