■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

角屋もてなしの文化美術館
角屋もてなしの文化美術館
本日は、京都市下京区の、角屋もてなしの文化美術館をご紹介します。
ここは元揚屋(大型の宴会場)で、1641年の島原開設当初から昭和の末まで営業が続けられていました。
京都の花街の一つである島原は、移転時の騒動が島原の乱を思わせるなどといわれたところでもあります。
島原は都の中心部からは遠く、時代が下がるにつれ寂れていきました。
往時をしのばせるものは、ここ角屋と、島原大門、輪違屋(置屋)のみとなっています。
平成10年より、建物内部と所蔵美術品を、角屋もてなしの文化美術館として、一般公開しています。
建物は国の重要文化財です。

角屋もてなしの文化美術館
島原大門

角屋もてなしの文化美術館
1階部分は、展示品以外は撮影可です。

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館
ここ以外にも、2階座敷にも新撰組隊士がつけた刀傷が残っています。
つけで飲み食いするのを断られた若い隊士が、腹いせで柱に切りつけたそうです。
一度の飲食で、現在の大学初任給くらいのお金がかかったので、若い貧乏隊士に払えるはずがありません。

壬生寺の記事で紹介した、芹沢鴨が暗殺される直前に飲んでいたのが、ここ角屋です。
角屋は新撰組以外に、西郷隆盛ら倒幕派も利用していました。
しかしスケジュール管理が徹底していたため、敵同士が顔を合わせてチャンチャンバラバラとなるようなことはありませんでした。

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館
1階の松の間です。

角屋もてなしの文化美術館
庭には、龍が這うような姿形の臥龍松があります。

角屋もてなしの文化美術館
こちらは茶室

1階のみの見学なら、一般料金が1000円です。
ですが、2階も見ないとここに来た意味がありません。
2階見学は事前予約が必要らしいのですが、ワタクシの訪れたときは予約無しで見学できました。
2階には、非常に凝った作りの座敷が複数あります。
壁や天井、襖の絵など見どころ満点です。
ただし残念なのが、どれも真っ黒でなんだかよくわからないことです。
絵の輪郭や薄っすらと色彩がわかる程度で、なんじゃこれは?って感じになると思います。
室内照明に多くのろうそくを用いたので、そのススが部屋中一面にこびりついているのです。
ススをうまくぬぐったりできないものでしょうか?
それから、2階は全面撮影禁止です。

最後にもう一つ。
冬期にここを訪れると、足先がめっちゃ冷たいです。
靴を脱いで上がるので、板の間や畳の冷たさがもろにきます。
念のため、厚手の靴下が必要ですよ。

角屋もてなしの文化美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



角屋もてなしの文化美術館・・・♪ - 楽しい時間を過ごしましょう




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 15:48:31 | トラックバック(0) | コメント(4)
京都国立博物館 その2
京都国立博物館
ワタクシ本日は、京都国立博物館に来ています。
ここを訪れるのは、もう何回目でしょう?
数年前までは、アートにはそれほど感心がなかったのですが、突如目覚めてからは、あっちこっち行きまくってます。

京都国立博物館
現在、京都国立博物館では、若冲の特別展示が行われています。
作品数は30足らずとそれほど多くありませんが、百犬図とか果蔬涅槃図とかも展示されていて、それなりに楽しめます。
京都市美術館でも、つい先日まで若冲展が開かれていましたが、あちらは大勢の人だかりでまともに作品が観られませんでした。
それに対してこちらでは、比較的ゆったりと鑑賞できます。

若冲以外にも、干支をテーマとした「とりづくし」や、泉涌寺の寺宝が展示されています。

京都国立博物館
ミュージアム利用者は、付属の駐車場が1時間無料なので、ササッと観て回ったのですが、まだ少し時間があります。
建物の裏手が公園になっているようなので、ちょっと寄ってみました。
葉っぱもほとんど落ちて、冬の装いです。

京都国立博物館
なにやら朝鮮風の石像が立っています。
「李朝太祖 健元陵」と書いてありました。
朝鮮の偉い人のお墓を再現したものでしょうか?

京都国立博物館
公園の奥には、堪庵という茶室があります。
こんなのあること、全然知りませんでした。

京都国立博物館
ひなびた風情で、なかなかいい感じです。
有料で貸し出しもしていて、茶会や句会などに使われているそうです。

京都国立博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



陰翳礼讃(2)- 茶室堪庵の明と暗(1) - 子規 折々の草花写真帖




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(3)
御金神社
御金神社
本日は、京都市中京区にある、御金神社を紹介します。
おかね神社ではなく、みかね神社と読みます。
とはいえ、金の鳥居でもわかるように、ここはお金にまつわる願い事に霊験あらたかだと噂される神社です。
元は新興宗教系の神社だったみたいですが、願い事が叶うのなら、この際、細かいことは、気にしない気にしない。

御金神社
手水には、銭洗いのザルが置かれています。
これでお金を洗えば、金運アップ!
お金が増えてザックザック。
ワタクシ、財布の中の小銭を、全部ジャブジャブ洗ってしまいました。

御金神社
御神木のイチョウの葉をかたどった絵馬が鈴なりです。
絵馬やおみくじ、お守りなどは無人販売されているので、自分で選んで箱にお金を入れましょう。

最後に、ここの金の鳥居の画像をスマホや携帯の待ち受けにすると、金運に恵まれるそうです。
信じるか信じないかは、あなた次第です。

御金神社
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



犬次郎株日誌 ~犬畜生でも1億円~ 愛の欠乏した犬は、世の中お金だって信じるしかないから! ~犬次郎、御金神社に参る!~




テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
樂美術館
樂美術館
樂焼の窯元、樂家に隣接する、樂美術館にワタクシ来ております。
場所は、京都御所の西隣です。
2台分だけですが、すぐ近くに無料駐車場もあります。

樂美術館
展示品は撮影禁止なので、ここまでです。
スリッパに履き替えて、入館します。

佐川美術館の樂吉左衞門館は内部が薄暗いですが、ここは明るいので作品がよく見えます。
初代・長次郎の茶碗をはじめ、歴代の皿や茶碗が展示されています。
樂焼とひとことで言っても、いろいろなものがあるのが興味深いです。

残念なのは、展示作品がそれほど多くないことです。
スペースの関係上、無理ないのかもしれませんが、入場料金がやや割高な印象は否めません。

樂美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
壬生寺
壬生寺
京都清宗根付館の向かいに、壬生寺があります。
壬生といえば、新撰組です。
近くには、彼らの宿舎の屯所があります。

壬生寺
壬生寺境内では、沖田総司が子供と遊んだり、隊士たちの武芸の稽古などが行われました。

壬生寺
境内には、新撰組隊士を祀った壬生塚があります。

壬生寺
近藤勇像
写真とちょっと違うような・・・

壬生寺
新撰組隊士慰霊塔

壬生寺
こちらは柿本人麿の人丸塚
防火のおまじない(火止まる)です。

壬生寺
「あゝ新撰組」の歌碑

mibudera010.jpg
壬生寺歴史資料室が建物の地下にあります。
壬生塚に行くには、この建物をくぐり抜ける必要があります。
入場料は100円です。
地下の資料室は別料金で、こちらは200円です。

壬生寺
千体仏塔

壬生寺
壬生寺から少し歩くと、新選組屯所跡(八木家)があります。
昔のまま保存してあり、内部を見学できます。
ガイドのおじさんが解説してくれます。
芹沢鴨を暗殺したときの刀傷が、鴨居に残ってました。

芹沢鴨は壬生浪士組(後の新撰組)のリーダー格でしたが、酒癖が悪く、暴力沙汰や、借金踏み倒しなど、トラブルをしょっちゅう起こしていました。
あまりの狼藉ぶりに、隊士たちの手によってここで暗殺されるのですが、芹沢は剣の腕が滅法強く、普通に戦っては勝ち目がないので、ベロベロに酔って寝込んだところを襲われました。←それ卑怯やん

壬生寺

壬生寺
屯所跡の入場券は、手前の和菓子屋で買います。
中を見るだけで1000円は高いと思いましたが、見学後にお茶とお菓子がつくので、まあ、妥当でしょう。

おっと、そういえば、本日12月14日は、吉良邸討ち入りの日ですね。
新撰組のダンダラ羽織は、忠臣蔵の衣装を真似たということですので、少しはタイムリーなレポートになったかな?



壬生寺
八木家
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



「京都」観光仕事人ブログ 新撰組屯所跡・壬生郷士八木邸




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ