■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

三井寺
三井寺
以前、三橋節子美術館を紹介したときに、三井の晩鐘について触れました。
今回はその三井の晩鐘で知られる、三井寺(長等山園城寺)のリポートです。

三井寺
三井寺は、さかのぼれば1400年くらいの歴史があり、見どころも数々あります。
西国十四番札所でもあり、多くの善男善女がお参りしています。

三井寺
こちらが観音堂です。

三井寺
隣には百体観音堂があります。

三井寺
裏手の方をずっと上がっていけば、遠く琵琶湖が見渡せます。
ここにはそろばんの碑や、滋賀県警殉職者の碑がありました。

三井寺
いったん大門の方に戻ると、金堂が正面に見えます。

三井寺
金堂前の灯籠には、何やら物騒なことが書かれてました。
これって、ヤ○ザの落とし前といっしょじゃん。

三井寺
一切経蔵にはお経が納められてます。
かなりデカイですよ。

三井寺
訪問してからだいぶ経ってるので、自分でも何が何やらわからなくなってます。

三井寺
えっと、ここは何だっけな?

三井寺
えーと、ここは、うーん、忘れました。

三井寺
ここには絵とかあったような気がします。
相変わらず、テキトーなリポートです。

三井寺
これが噂の、三井の晩鐘です。
300円払えば撞くことができます。
ワタクシ思いっきり撞きました。
これはしっかり憶えてます。

三井寺
弁慶の引き摺り鐘です。
鐘の表面がこすれたようになって、模様がみえないでしょ。
弁慶が奪って、比叡山まで引きずっていったそうです。
2トンだか、3トンだかある鐘を、いくら力持ちの弁慶でも引きずっていけるわけないですよね。
しかも谷底まで投げ捨てたそうで、どんだけーってくらいのパワーリフターです。

ワタクシがリポートすると、せっかくの名刹もスカスカで、ごめんちゃい。



三井寺
近畿ランキングに



LOVE♡JOY♡PEACE るろうに剣心ロケ地探訪@三井寺(大津)



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
近江神宮 時計館宝物館
近江神宮 時計館宝物館
滋賀県の近江神宮では、毎年6月10日の時の記念日に漏刻祭が行われます。
時計メーカーや関係者が集まって、感謝する日です。
マスコミも取材に来るので、当日は人でいっぱいです。
普段は有料の時計館宝物館ですが、この日は無料で見学できます。

近江神宮 時計館宝物館
現在、時計館宝物館は、屋根の工事中でカバーが掛けられていました。
内部は撮影禁止です。
時計館には大昔の振り子式の時計や、懐中時計、腕時計など、クラシックな時計が多く展示されてました。
また宝物館には、皇族の句をしたためた色紙がいくつもありました。
みな達筆で、さすがだなと感心させられました。
他にもお宝がありましたが、色紙の印象が強烈で忘れました。←ほとんどレポートになってません。

近江神宮 時計館宝物館
日時計です。
思いっきりボロボロです。

近江神宮 時計館宝物館
これが漏刻(水時計)です。

近江神宮 時計館宝物館
中国の火時計。
一定時間で紐が焼き切れて、時を告げます。
なぜか、ロレックス製です。

近江神宮 時計館宝物館
カラクリ仕掛けの電波時計。
放置されてるような雰囲気でした。

近江神宮 時計館宝物館
境内をブラブラ歩いてみました。
こちらは外拝殿です。

近江神宮 時計館宝物館
内拝殿

近江神宮 時計館宝物館
栖松遙拝殿

近江神宮 時計館宝物館
自動車清祓所



近江神宮 時計館宝物館
近畿ランキングに



 似顔絵 国分太一    近江神宮お早うございます。いつもご訪問ありがとうございます。 今日の似顔絵は、国分太一さんです。似顔絵 国分太一  似顔絵 国分太一近江神宮時計館宝物館わが国の時刻制度は、今をさかのぼること1340年の昔、天智天皇の御代に大津の都に漏刻(ろうこく)を設置され時間を知らされた御事績に始まります。漏刻とは水時計のことであり、日本書紀には、初めて漏刻を用い鐘鼓を鳴らして時を知ら...
似顔絵 国分太一    近江神宮



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)