■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

咲くやこの花館
咲くやこの花館
ご存知のように、咲くやこの花館は、1990年に行われた「国際花と緑の博覧会」のパビリオンです。
場所は大阪市鶴見区です。
植物園を採り上げるのは、京都府立植物園以来ですね。

咲くやこの花館
建物の中央はホールとなっていて、それを取り囲むように植物が展示されています。
さあ、見学スタートです。

咲くやこの花館
クロユリは恋の成就に役立つ花だそうです。
でも花を嗅いでみると、生乾きの雑巾のようなにおいがするそうです。

咲くやこの花館
ハワイ原産のギンケンソウは、ここで生きているのは2株しかなく、どちらかが枯れると受粉できなくなり、アウトだそうです。

咲くやこの花館
ヒマラヤの青いケシです。
非常に珍しいものらしく、花博当時は見るのに2時間待ちとかざらでした。
今は年中見られるように、時期をずらしながら複数育てているそうです。

咲くやこの花館
サボテンには可愛らしい花が咲いていました。

咲くやこの花館
歌のイメージを裏切る、地味な印象のエーデルワイス。
中央の草みたいなのが、それです。

咲くやこの花館
ヒスイカズラは、花が翡翠のような色をしています。
宝石が、ぶら下がってるようです。

咲くやこの花館
トケイソウです。
何となく、時計のようにも見えますね。

咲くやこの花館
めちゃくちゃ長生きするという、キソウテンガイです。

咲くやこの花館
パイナップルは地面から生えるんですよ。
知ってましたか?
緑の葉っぱの部分をプランターに植えれば、ベランダでも育てることが可能だそうです。
ただし実がなるには、数年かかるそうです。←そんなに待ってられんちゅーの。

咲くやこの花館
変わった形の植物です。
他の惑星に、こんな植物人間がいそうな気がします。

咲くやこの花館
根が長ーく垂れ下がってますが、ちゃんと生きてます。
フラワーツアーのお姉さんの説明は上手です。

咲くやこの花館
小さな子供なら乗れるという、オオオニバス。
ここのはまだ小ぶりなので、さすがに無理ですが…

咲くやこの花館
樹脂で固められたラフレシア。
世界最大の花です。
これも、咲くやこの花館の目玉展示でした。

珍しく今回、しっかり解説できてるのは、フラワーツアーで1時間、じっくり説明を聞いたからです。
いつもなら、さらっと流し見するだけですが、この日はいろいろ勉強になりましたよ。

咲くやこの花館
サプライズ企画として館内では、シニア合唱団によるコンサートが行われました。
おじいちゃんも頑張ってます。

咲くやこの花館
咲くやこの花館の周辺には、他の建物も残ってます。
花博当時の「水の館」は、今はホールとスポーツ施設として利用されています。

咲くやこの花館
反面、生き生き地球館(大阪市立環境学習センター)は閉鎖されてしまいました。

咲くやこの花館
花博のシンボルタワーだった「いのちの塔」も、今では入ることができません。

咲くやこの花館
マスコットキャラクターの花ずきんちゃんも、25年も経てば哀れ、ボロずきんです。
顔なんかひび割れて、ちょっとホラー入ってます。



咲くやこの花館
近畿ランキングに



今回も、咲くやこの花館の画です。よろしくお願いします撮る時は、必死なので花の名前がほとんどわかりません。黒バック以外思いつきませんでした。御覧くださり、ありがとうございます次回へ続きます。...
咲くやこの花館 ⑸



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

動・植物園 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
大阪南港野鳥園
大阪南港野鳥園
本日の訪問先は、大阪南港野鳥園です。
ワタクシ、バードウォッチングの趣味はありませんが、目先が変わって、ちょっとおもしろいでしょ?
噂ではここも存続がヤバそうなので、早めに行っておくことにしました。

大阪南港野鳥園
入ってすぐのところにある、展望塔です。
塔といっても、別段高いわけではありません。
普通の建物です。

大阪南港野鳥園
展望塔内には誰も人がいませんでした。
パネルで鳥のことがいろいろ説明されています。

大阪南港野鳥園
野鳥園の全景模型です。
海に面した公園で、中はけっこう広いです。

大阪南港野鳥園
一応ワタクシ、双眼鏡持参で来たのですが、必要ありませんでした。
嬉しいことに、ここの双眼鏡は無料です。
普通なら100円とられるのにね。

大阪南港野鳥園
窓の外には、干潟やヨシ原が広がっています。
南港はもともと、渡り鳥の生息地だったそうです。

ジーっと観察してみましたが、鳥はまったくいません。
この冬一番の寒気が到来中で、風がビュービュー吹いていたので、鳥も飛んでる場合じゃないのかもしれません。

大阪南港野鳥園
退屈してきたので、園内を散歩することにしました。
道は枯葉が積もって、あまり手入れされてない印象です。

大阪南港野鳥園
さえずりの丘には誰もいません。
園の専用駐車場には車が数台停まってたので、誰かいてもよさそうなのに…

大阪南港野鳥園
東屋に、オジさんが一人いました。
デカい望遠レンズのカメラを据え付けて、何かを狙っているようです。
でも鳥の姿は見えません。

大阪南港野鳥園
トイレの用具入れのドアには、恐ろしい張り紙がありました。
痴漢もイヤですが、これもけっこうイヤです。
幸い今は冬なので安心ですが、夏は恐怖ですよ。

大阪南港野鳥園
ズンズン歩いて行くと、北観察所に着きました。
なんか、トーチカのようです。
ここは吹きっさらしで、双眼鏡もありません。

大阪南港野鳥園
窓から覗くと、遠くに大阪府咲洲庁舎が見えます。
でも、鳥はいません。
わざわざ南港まで何しに来たのか、ワタクシわからなくなりました。
アホくさいです。

大阪南港野鳥園
鳥の観察は諦めて、周辺をウロウロしてみました。
意味不明のオブジェがあります。

大阪南港野鳥園
野鳥園の近くには、なにわの海の時空館があります。
といっても現在は閉鎖され、入れません。
菱垣廻船の実物が中央にドーンとあったり、船や海のことが学べる博物館だったのに、残念です。

大阪南港野鳥園
大阪府咲洲庁舎がハッキリ見えてきました。
この後、あそこの展望台に登る予定です。



大阪南港野鳥園
近畿ランキングに



...大阪南港野鳥園・冬-2014-



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

動・植物園 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
五月山動物園
五月山動物園
以前、落語みゅーじあむを訪れた際に、五月山動物園のウォンバットに触れました。
ゆるキャラのふくまるや、郵便ポストに乗っかったブロンズ像のモデルを実際に見てみたくなったので、遊びに行くことにしました。

それともう一つ目的があります。
ワタクシ、プリンセス天功のアルパカにも会いたいのです。

五月山動物園
ポニーがいました。
なんか、癒やしの表情をしています。

五月山動物園
アライグマです。
恥ずかしがって隠れてます。

五月山動物園
物欲しそうな目つきの羊です。

五月山動物園
ケヅメリクガメです。
なぜか爬虫類がこれだけいます。

五月山動物園
生きた動物以外にも、標本も飾られていました。

五月山動物園
隊長、アルパカさんを発見したであります!
黒いのと、色が混じったのと2頭いますが、どっちがプリンセス天功のアルパカかわからないであります。

ということで、飼育員さんに聞きました。
2頭ともプリンセス天功のアルパカでした。
黒いのはメスで、なかなか気が荒い肉食系女子とのことです。
「ツバをひっかけます」と書いてあって、近づくのに躊躇してしまいます。

園内には「ふれあい広場」があり、ウサギや鳥などとスキンシップができます。
他にも、ワラビー、エミュー、カピバラなどを見ることができます。
以前はシカも複数いたのですが、病気が流行って殺処分されてしまいました。
可哀想ですが、感染予防のため苦渋の選択だったのでしょう。

話変わって、ウォンバットです。
これは動画でご覧あれ。



五月山動物園
近畿ランキングに



五月山動物園(大阪府池田市五月丘) - ぎゃるまま日記(ギャルママ日記)



テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

動・植物園 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
天王寺動物園
天王寺動物園
阿倍野・天王寺界隈をウロウロしたついでに、天王寺動物園に寄ってみました。
ここに来るのは15年ぶりくらいです。

祝日とあって、園内は家族連れでいっぱいです。
あっちでもこっちでもチビッコの歓声が響いています。

天王寺動物園
入ってすぐのところにフラミンゴの池があります。
ピンクの羽がきれいでした。

天王寺動物園
カメラ目線のオオカミ。
ボスでしょうか?
1頭だけ高いところにいました。

天王寺動物園
コブがヨレヨレのラクダ。
鼻の頭に虫がたかって、痒そうでした。

天王寺動物園
園内に慰霊碑があります。
生き物である以上、死は避けられないものですし、戦争中に園内の多くの動物が死を迎えることとなりました。



天王寺動物園
近畿ランキングに



WEB制作会社 社長のつぶやき 天王寺動物園(撮影:2013年02月09日)



テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

動・植物園 | 00:17:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪市立長居植物園
大阪市立長居植物園
自然史博物館に隣接して、長居植物園があります。
と言うか、長居植物園の中に自然史博物館があると言ったほうが正確ですが・・・

大阪市立長居植物園
正門を入ってすぐのところ。
遠くに、ロードトレイン アドベンチャー号の先頭部分が小さく見えます。
葉が一部色づき始めてますが、まだ紅葉には早いかな。

大阪市立長居植物園
ハスでいっぱいの大池。
後ろに見えるのは一文字橋です。
橋の向こうには、また違った風景があります。

大阪市立長居植物園
バラ園です。
南国の景色みたいですね。

大阪市立長居植物園
鮮やかに咲いていました。
春に比べると、咲いている品種が少ないようです。



大阪市立長居植物園
近畿ランキングに



花で作ったハートのアーチ 大阪市立 長居植物園 行って来ました - 気まぐれ直人ブログ



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

動・植物園 | 00:25:49 | トラックバック(0) | コメント(0)