■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

滋賀サファリ博物館
滋賀サファリ博物館
滋賀県立陶芸の森を後にして、高速の入口を目指して車で走っていたときのことです。
ふと、横を見ると「滋賀サファリ博物館」の文字が見えました。
ここは週末しか開いていない個人博物館で、大量の剥製が展示されているという噂です。
せっかくなので、どんなところか覗いてみることにしました。

滋賀サファリ博物館
入るとすぐに見えてくるのがこのコーナーです。
やたらゴチャゴチャ並べられてます。

滋賀サファリ博物館
動物の剥製でいっぱいです。
ホッキョクグマのそばにシカがいたりして、テキトーな展示が素敵です。

滋賀サファリ博物館
ふと、きしわだ自然資料館を思い出しました。

滋賀サファリ博物館
壁には動物の首がズラリ。

滋賀サファリ博物館
ここにあるすべての動物は、一人のおじさんが狩猟で仕留めたものです。
これだけ狩るのに、いくらお金がかかったんでしょうか?

滋賀サファリ博物館
首だけじゃなくて、毛皮もあります。

滋賀サファリ博物館
ドアを抜けると、もう一つ展示室があります。

滋賀サファリ博物館
こちらにはアフリカの動物がいました。
キリンも仕留めたんですね。
すごい!

滋賀サファリ博物館
シマウマ「命が死むー。助けてたもれ」
ライオン「そんなん言わんと、待ったりーな。ワレ」

別バージョン
ライオン「お客さん、肩こってますね」
シマウマ「爪立てたら痛いがな。兄ちゃん、あんじょう揉んだらんかいな」

滋賀サファリ博物館
ワニも獲物です。
他にも、でっかいサイとかもいてました。

滋賀サファリ博物館
外側は、どうなったんでしょうか?

10分位でザーッと見てしまい、出ようとすると、受付のオバサンに「もっとゆっくり見てってください」と言われました。
でもそんなこと言われても、2部屋しか展示スペースがないので、すぐに見終わってしまいますって。

滋賀サファリ博物館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
大津市歴史博物館
大津市歴史博物館
三井寺のすぐ近くに、大津市歴史博物館があります。
非常に立派な建物で、県立博物館クラスです。
大津の歴史と文化に関する展示が主ですが、残念なことに撮影禁止です。
画像で紹介したいネタもいっぱいあったのに…

受付に申しこめばNintendo DSの貸出があり、それを使うと展示品の解説が聞けます。
無料の音声ガイドです。

大津市歴史博物館
ロビーからは琵琶湖が見降ろせます。
景色しか撮れないんじゃ、ボルテージが上がりませんってば。

大津市歴史博物館
ロビーには琵琶湖遊覧船の模型が展示されてました。
見たところ、そうとう昔の船のようです。
こんなのくらいしか撮れないのは、残念です。

大津市歴史博物館
近畿ランキングに



大津市歴史博物館より琵琶湖の眺め<大津市歴史博物館 阿弥陀さま-極楽浄土への誓い>会期 平成24年 10月13日(土)~11月25日(日) はるばる東京からこの博物館に来たのは大きな目的がありました。話は2年前にさかのぼります。2010年10月末のことです。私は京都東山の泉涌寺(せんにゅうじ)の塔頭のひとつ、悲田院(ひでんいん)の前を通り目をみはりました。快慶仏のポ...
大津市歴史博物館 阿弥陀さま-極楽浄土への誓い



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県のミュージアムを紹介するとき、やはり滋賀県立琵琶湖博物館は欠かせません。
ただ困るのが、ネタが多すぎるということです。
下手な文章を画像でごまかすテキトーブログなので、ネタが多すぎるとどれを捨てていいか悩みます。
施設の撮影が不可で、紹介の文章を考えて四苦八苦することに比べれば、贅沢な悩みとは言えますが…

滋賀県立琵琶湖博物館
県立だけあって、規模はかなりデカイです。
外からの印象ではそれほど感じませんでしたが、中に入るとそのビッグさがよくわかります。

館内の様子をザックリ説明すると、琵琶湖の過去から現在までを、文化や生活、自然科学の観点から展示・解説しています。
また、淡水の生き物を集めた水族展示室も充実しています。
琵琶湖のみならず、海外の淡水魚も多く飼育されてました。

滋賀県立琵琶湖博物館
展示室に入ると、古代の琵琶湖のコーナーから始まります。
でっかい象の骨格標本に驚かされますが、これは中国だかモンゴルだかで見つかったもので、琵琶湖のものではありません。
琵琶湖で見つかるのはアケボノゾウで、これは小型の象です。
たぶん、手前のがそうだと思います。

滋賀県立琵琶湖博物館
このコーナーでは、人と琵琶湖の関わりが説明されてます。

滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖の水運は丸子船(左)が担いました。
実物大に再現されたものが展示されてます。

滋賀県立琵琶湖博物館
現在の琵琶湖周辺の産業に関する展示です。

滋賀県立琵琶湖博物館
昔の農家の住まいが丸ごと再現されてます。
ワタクシの子供時分、田舎の婆ちゃんの家がこんな感じでした。
鶏小屋や牛小屋があって、便所は家の外にありました。
お風呂は五右衛門風呂でした。
懐かしいなあ。

滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖博物館の目玉は、水族展示室でしょう。
淡水生物のみですが、並の水族館と遜色ありません。

滋賀県立琵琶湖博物館
頭隠して尻隠さずのビワコオオナマズさん。
恥ずかしがり屋さんなんでしょうか?
この館のアイドルで、ぬいぐるみも販売されてます。
大きいのは28,800円でした。←おいおい、誰が買うねん。

滋賀県立琵琶湖博物館
キャビアで知られたチョウザメがいっぱいいました。
どれも3メートルくらいあって、なかなかの迫力です。

魚ばっかり見てるうち、ワタクシ無性にお腹が空いてきました。
今夜のおかずは、お造りにしたいと思います。
では本日は、この辺でー。

滋賀県立琵琶湖博物館
近畿ランキングに



琵琶湖博物館(水族館)レポw  - よこ はまの旅日記w



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
栗東歴史民俗博物館
栗東歴史民俗博物館
滋賀県栗東市の栗東歴史民俗博物館が、本日の訪問先です。
ローカル・ミュージアムとは思えないような、立派な施設です。
ところで栗東といえば、競走馬を調教する「栗東トレーニング・センター」があるところですが、あいにくワタクシ、競馬には興味が無いので、どんなところか存じません。

栗東歴史民俗博物館
現在、「土の埴輪と木の埴輪」と題する展示が行われています。
木の埴輪って、何でしょう?

栗東歴史民俗博物館
内部はけっこう充実した感じでした。
栗東の歴史や文化に関する展示がいろいろありました。
梵鐘とか写真に撮りたかったのですが、全部NGです。
OKが出たのは、ロビー正面に見える狛坂磨崖仏のレプリカだけです。
ところで木の埴輪ですが、木彫の人形のようなもので、鳥など展示されてました。
でも朽ちてボロボロで、鳥だか何だかよくわからない感じです。

栗東歴史民俗博物館
博物館の向かいには、旧中島家住宅が移築されてます。
この日はあいにく内部の工事中で、閉鎖されてました。
オジさんがプールみたいなところで土をこねてましたよ。
屋根の上を見上げると、丸いのがピカピカ光ってました。
よく見るとアワビの貝殻でした。
一種の鳥よけかな?

栗東歴史民俗博物館
せっかくなので、垣根越しにパチリ。



栗東歴史民俗博物館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
滋賀県立安土城考古博物館
滋賀県立安土城考古博物館
本日、滋賀県立安土城考古博物館までやってまいりました。
久しぶりの遠出で、ワタクシいささかくたびれております。
でも、頑張ってまいりましょう!

滋賀県立安土城考古博物館
第1常設展示室では、遺跡や出土品が展示されてます。

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館
第2常設展示室では、中世の城や安土などをテーマとしています。

滋賀県立安土城考古博物館
痛!
いきなり槍で突かれました。
これは手荒い歓迎ではないですか。

滋賀県立安土城考古博物館
怒る間もなく、次は矢を放ってきます。
ここはいったいどうなっとるん?

というのは冗談で、みんなお人形さんです。←そんなん、わかってるがな。

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館

滋賀県立安土城考古博物館
浅井長政と市。
兄ちゃんのせいで、妹は波乱万丈の人生を送ることとなりました。

滋賀県立安土城考古博物館
県立だけあって、なかなか立派な建物です。

滋賀県立安土城考古博物館
天井は、こんなに高い。

滋賀県立安土城考古博物館
中庭は殺風景です。



滋賀県立安土城考古博物館
近畿ランキングに


畏怖の対象としてのカミ(神仏)のスガタカタチの時代に伴う変遷。神仏習合とかで済まないそれ以上の泥沼な気がムンムンコレはおもしれ~~ていうか言われて見ればソッチ側からの見方もあったのね的なw。目ウロコw。そして造形フリーダムw。神仏習合とか序の口w。つうかデフォルトww。民間信仰(道教要素強い)、地元神(山神様だなあ)信仰、仏教尊格解釈間違ってても構わな~い。まさに猫の手でも借りたい、じゃなくてそれ...
安土城考古博物館「武将が縋った神仏たち」




続きを読む >>

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(3)