■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
「日本のへそ」を自称する西脇市。
そこにある、にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドームが、ワタクシの本日の訪問先です。
ところで、建物の前のこのオブジェ?は、加トちゃんぺそっくりです。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
ローカルの科学館ということで、規模はそんなに大きくありませんが、それでも天文台はちゃんと備えています。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
展示の方は、ちょっと微妙です。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
天文台のミニチュアが、段ボール製というのも泣かせます。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
と言いながらも、こんなのだってあるんです。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
もちろん、こんなのだって。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
石だって、いっぱいあります。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
プラネタリウムも、もちろんあります。
シートは何と、普通の長椅子です。
もちろんリクライニングなんてしません。
首が疲れるプラネタリウムですが、カップルで観るにはラブラブで良さげです。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
ラグビーのゴールポストのようなものが、丘の上に見えます。
GPSで正確に測ったところ、「日本のへそ」は実はあの位置だったのです。
公園から、けっこうずれてます。
ちょっとマヌケですね。

にしわき経緯度地球科学館 テラ・ドーム
近畿ランキングに



那珂ふれあい館を後にして向かったのは、にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」「日本へそ公園」内にあります。同じものでも、地球で持った場合と、火星や木星で持った場合じゃ、違うんだね~どうやって波がおこるかを、実験。竜巻がおこるしくみは?公転や自転、これって理科の授業で習いましたね。はるか昔だけど…時間をあらわす単位、距離をあらわす単位いろいろな単位について学習しようというコーナーです。太陽・木星・...
にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 17:43:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
明石市立天文科学館
「明石」と聞くと、アナタは何を連想しますか?
タコ?明石焼き?
明石といえばワタクシ、やはり子午線です。←ほんまかいな。
まあ、難しい話は置いとくとして、明石市立天文科学館へレッツゴーです。

明石市立天文科学館
一見すると灯台のようにも見えるこの建物が、目指す天文科学館です。
塔の部分は展望台になってます。

明石市立天文科学館
まずは14階の展望室へ。
明石海峡大橋や、明石の街が目の前に広がっています。
1階下の13階も展望室です。
ここには望遠鏡がありました。

明石市立天文科学館
展示室は3階です。
天文に関する展示がいろいろあります。

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館
月の石のレプリカ。

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館
4階の日時計広場には、3階から階段を使って上がります。
ここはテラスになっています。

明石市立天文科学館
テラスから見上げました。

明石市立天文科学館
入館料はプラネタリウムの料金も込みになってます。

明石市立天文科学館
日本で最も古いプラネタリウムが、現役で活躍しています。
星座のスライドを手で移動させるなど、さすがに古さは否めません。

ドームは水平型なので、思いっきりシートをリクライニングさせて空を見上げるスタイルです。
おかげで、ときおり眠くなります。

明石市立天文科学館
近畿ランキングに



明石は子午線の町です^_^久しぶりに天文科学館に行きました(^.^)リニューアルしてからまだ行って無かったので( ̄▽ ̄)歩いて行ける場所ですが中々行けませんでした(^_^)子午線ラインです^_^プラネタリウムを久しぶりに見ました^_^明石のプラネタリウムは日本で一番古いそうで今年で55年になるそうです^_^中の展示場も雰囲気が変わってました^_^上から見る明石大橋も良かったですよ^_^...
明石市立天文科学館@兵庫県明石市



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
神戸市立青少年科学館(バンドー神戸青少年科学館)
神戸市立青少年科学館
本日の訪問先は、神戸市立青少年科学館です。
ネーミングライツのため、現在はバンドー神戸青少年科学館と称しています。

ここの特長は、とにかくデカイことです。
科学館にありがちな恐竜化石などは展示されていませんが、物理やエネルギー、天文などの展示が充実しています。

神戸市立青少年科学館
帽子のようなこの建物は、プラネタリウムです。
神戸のポートピア'81当時の神戸館が本館に、そして神戸プラネタリウムシアターが、このプラネタリウムに改装されたとのことです。
以前紹介したUCCコーヒー博物館も、ポートピアのパビリオンを改装したものだそうです。

プラネタリウムは規模は大きいのですが、設備が古いせいか、あまり鮮明に映ってなかったような気がします。
シートも木の狭い椅子です。

神戸市立青少年科学館
コーナーがいろいろあり過ぎて、すべて体験していては1日では無理なくらいです。
子供向きのものも多いので、家族連れだと、朝から夕方までたっぷり楽しめますよ。

神戸市立青少年科学館
内臓の働きが理解できるトンネルです。
ちょっとグロ系の展示です。

神戸市立青少年科学館
足の超長い月着陸船は、ビヨーンと飛び跳ねて月面ジャンプを体験できます。
ワタクシも体験したかったのですが、ちょっと恥ずかしくて、係のお姉さんにお願いする勇気がありませんでした。←こう見えてもシャイなんです。

神戸市立青少年科学館
シミュレーターで、ポートライナーの運転体験ができます。

神戸市立青少年科学館
クラシックカメラがたくさん展示されてました。

神戸市立青少年科学館
鉄道模型もいくつかありました。
とにかく、何でもありって感じです。

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館
見てるだけで、行ってみたくなりませんか?

神戸市立青少年科学館
チビッコはこちらがいいかもしれません。

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館

神戸市立青少年科学館
ポンコツロボットみたいなのが、建物の外に設置してありました。



神戸市立青少年科学館
近畿情報ランキングに



アシックススポーツミュージアムを後にして、神戸市立青少年科学館へ徒歩で、だいたい5分程度ってところでしょうか。分野によって、第一展示室から第六展示室まで分かれており、じっくり見ようとすると、それなりの時間が必要です。我が家は、閉館まで1時間半ほどしか時間がなかったので、あわただしく見ることになっちゃいましたまずは、第一展示室の『力としくみの科学』『物質とエネルギーの科学』ペットボトルの空気ロケット...
神戸市立青少年科学館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
伊丹市立こども文化科学館
伊丹市立こども文化科学館
プラネタリウムを併設した、こども文化科学館は、伊丹空港のすぐ近くにあります。
奥に見える大きなドームが期待感をそそります。

伊丹市立こども文化科学館
このゆるキャラは、ひょんたんといいます。
不敵な笑みを浮かべて、下から見上げるような視線。
ひょんたんはヤンキーかも知れません。

彼には、へちまんという相棒がいます。
要するに、ひょうたんとへちまということみたいです。
安易なネーミングではないかと、ワタクシ感じますです。
ちなみに彼らは、プラネタリウムにも登場します。

伊丹市立こども文化科学館
1階の展示スペースです。
宇宙に関してのお勉強ができます。
太陽で体重を測ったら何キロになるかわかる体重計とか、惑星でジャンプすると何メートル飛べるとか実体験できます。

伊丹市立こども文化科学館
宇宙開発の年表が描かれています。
大昔の望遠鏡のレプリカも飾られています。

伊丹市立こども文化科学館
1階はいかにも宇宙がテーマの科学館という感じでしたが、2階に上がると少し寂しい気分にさせられます。
くすんだ壁紙&チープな展示が手作り感満点で、高校の文化祭を思い出させてくれます。

伊丹市立こども文化科学館
とりあえず、プラネタリウムさえ良ければそれで良しとしましょう。
実はワタクシ、化石や埴輪以外にも、宇宙が大好きなんです。

伊丹市立こども文化科学館
プラネタリウムの上映まで、まだ1時間近くあります。
ハッキリ言って、館内で1時間を過ごすのは無理です。
展示がアレですから・・・

しかたがないので外に出てみることにしました。
こども文化科学館の横の公園に、なぜかモアイがあります。
どういう関係でしょう?

伊丹市立こども文化科学館
の奥にはストーンサークルが。
ますますもって不可思議です。

伊丹市立こども文化科学館
周辺をウロウロ時間つぶしの末、ようやく上映時間がやって来ました。
どれほどこの瞬間を待ち望んだことか。

シートに腰を下ろします。
「ウッ、狭い」
古いシートなので、最新式のシネコンのようなゆったりとしたシートではありません。
場末のオンボロ映画館にあったような、せせこましい木のシートです。

そうこうするうちにも、不安がどんどん膨らんできます。
ワタクシ、大きな過ちをしたのかもしれません。
ここに来て本当に良かったのだろうか・・・

ついに上映が始まりました。
しかし、さすがはメガスターです。
チリのような微かな光しか放たないような星でさえ、表現されています。
その細かいこと。

最後にあなたにアドバイスします。
プラネタリウムの上映時間より早く来すぎると、絶対に後悔しますよ。



伊丹市立こども文化科学館
近畿ランキングに




テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
橋の科学館
橋の科学館
本州と淡路島に架かる橋が、ご存知、明石海峡大橋です。
橋の主柱の高さは、なんと東京タワーと同じくらいだそうです。
ここはギネスブックにも載る、世界最長の吊橋です。

橋の科学館
明石海峡大橋のすぐ横に、橋の科学館はあります。
同橋の建築に関する展示や、映画が見られます。

建物前の丸いものは、太鼓の達人ではありません。
ケーブルの実物大模型です。

橋の科学館
橋の科学館の建物全景です。
中はけっこう広いです。

橋の科学館
天井には橋の模型がありました。
ミニチュアでもデカすぎるので、下に置くより上のほうがいいのかもしれません。

橋の科学館
建築工法を再現した模型です。
レバーをいじると動きます。

橋の科学館
シアタールームでは橋に関する3D映画が見られます。
紙製のちゃっちい3Dメガネをかけて鑑賞します。
映画は3種類ありますが、ワタクシが見たのは、ゆるキャラのわたるくんが登場するものです。
ぬりかべのような、ジャミラのような、ゆるキャラです。
頭の上の車がチャームポイントですネ。

橋の科学館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)