■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

エル・マールまいづる
エル・マールまいづる
「船と星空」
何とも、ロマンティックな組み合わせですね。
ここ、「エル・マールまいづる」は、まさにそんな組み合わせの施設です。
場所は京都府舞鶴市です。
大型客船を模した建物が、シャレてます。

エル・マールまいづる
地下1階は、エネルギー体験館です。
この施設の運営は関西電力なので、電気関係の展示がありました。

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる
1階は「舞鶴体験館」です。

エル・マールまいづる
舞鶴の自然や文化の展示スペースです。

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる
2階は「船の体験館」です。

エル・マールまいづる
談話室です。
昔の豪華客船のイメージです。
イスの脚が床に固定されてて、動かせない…

エル・マールまいづる
ガラステーブルも展示スペースです。

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる
豪華客船のあれこれが、展示されてます。

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる
豪華客船といえば、タイタニック号ですね。

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる
飾りナプキンって、こんなに種類があるんですね。

エル・マールまいづる

エル・マールまいづる
船長室です。

エル・マールまいづる
3階の展望室です。
どこにピントが合ってるんでしょうか?

エル・マールまいづる
展望デッキに出てみました。
釣り人で、いっぱいです。

エル・マールまいづる
海上自衛隊の「のとじま」が、目の前をゆっくり過ぎてゆきます。

エル・マールまいづる
そして、お待ちかねのプラネタリウム。

エル・マールまいづる
中はそんなに広くありませんが、しっかりプラネタリウムの設備が整ってました。



エル・マールまいづる
近畿ランキングに



 言ってもしょうがないことですが、今日も暑いですね…。 今日は一日デスクワークでしたのであまり消耗しませんでしたが、というか、先週金曜日ですが、必要があって出張して炎天下(元田圃のあぜ道)に立ってたんですけど、「まぁ、30分くらいで片が付くから大丈夫やろ」と同行者と話してたんですけど、あまりの暑さに耐えきれず15分くらいで這う這うの体で撤収しました。昼間に外出するなんて、マジでやばい行為なのだと身にし...
エル・マール舞鶴とか



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(1) | コメント(2)
きっづ光科学館ふぉとん
きっづ光科学館ふぉとん
京都府木津市の、「きっづ光科学館ふぉとん」が本日の訪問先です。
京都の科学館は久しぶりなので、楽しみです。

きっづ光科学館ふぉとん
この帽子のような建物で、プラネタリウムなどの全天周映像が観られるそうです。

きっづ光科学館ふぉとん
入口で出迎えてくれるのは、ふぉとんくんです。←まんま、そのままですな。
夏休みということもあって、館内は親子連れで賑わってました。
ちなみにここは、入館無料です。

きっづ光科学館ふぉとん
館内には、光をテーマとした、さまざまな実験や展示があります。

きっづ光科学館ふぉとん
ザーッと流して見てたので、なんかわかるような、わからないような感じでした。

きっづ光科学館ふぉとん
ワタクシ特に、物理が苦手だったので、「光」とか言われても…

きっづ光科学館ふぉとん
どんどん専門的になってきます。

きっづ光科学館ふぉとん

きっづ光科学館ふぉとん

きっづ光科学館ふぉとん
エジソン・コーナーです。
これならワタクシにも理解できるかも?

きっづ光科学館ふぉとん
エジソンの発明品がいろいろ展示されてます。
電球もこんなに種類があったんですね。

きっづ光科学館ふぉとん
帽子のような建物の内部はこんな感じです。

きっづ光科学館ふぉとん
お目当ての映像は、時間が合わずに観ることができませんでした。
うーん、残念。
遠くから来てるので、1日2回の上映では、タイミングを合わせるのは大変です。

きっづ光科学館ふぉとん
きっづ光科学館ふぉとんの横には、バベルの塔のような建物がありました。
木津南配水池です。
タケノコをイメージしたデザインとのことですが、どう見てもバベルの塔です。



きっづ光科学館ふぉとん
近畿ランキングに



こんにちは ヘルパーの松田です。  先日、利用者さんと木津市にある“きっづ光科学館ふぉとん”というところ行って来ました  『JR木津駅からバスで15分』…という案内でやって来ましたが…駅を出てバス停へ、時刻表を確認すると…なんと30分待ち 1時間に1本しかないという状態 まだバスが出たところじゃなくて良かったのですが…やはり事前にきちんと詳細を調べておかないとダメですね…。&
きっづ光科学館ふぉとん



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
向日市天文館
向日市天文館
本日の訪問先は、向日市天文館です。
向日(むこう)は大阪寄りの京都西部の市で、向日町競輪のあるところです。
向日町は秀吉が造らせた、歴史のある町だそうです。

向日市天文館
すぐ横には、向日神社があります。
と言うより雰囲気的には、神社の敷地内に向日市天文館があるような感じです。

向日市天文館
規模が小さな施設なので、展示品もごく僅かです。

向日市天文館
天文関係の施設だということを、絶賛アピール中。

向日市天文館
わずか80席と小さいながらも、ここではプラネタリウムの上映が行われています。

向日市天文館
本日ワタクシが向日市天文館を訪れた理由は、「銀河鉄道の夜」を観るためです。
東大阪市のドリーム21で初めて観て、心が洗われるような美しい映像と、胸に染みる素晴らしい音楽に、なぜかワタクシ、涙が出てしまいました。
ぜひ、もう一度観たいと考えていたところ、向日市天文館で上映してることを知り、やって来たのです。

ですが残念なことに、この日は上映日ではありませんでした。
どうやら、曜日を間違えて来てしまったようです。
日を改めて出直すことにしますか…

「銀河鉄道の夜」の挿入歌「星めぐりの歌」です。宮沢賢治作のこの曲を聞くだけで、ワタクシ涙腺がユルユルになってきそうです。


向日市天文館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(8)
京都市青少年科学センター
京都市青少年科学センター
京エコロジーセンターのすぐとなりに、京都市青少年科学センターはあります。
駅でいえば、京阪・藤森です。
古の都、京都の科学館とはいったいどんなものでしょうか?

京都市青少年科学センター
入るとすぐに貝の標本コーナーがあります。
珍しい貝がいろいろ展示されてます。

京都市青少年科学センター
おっと、ワタクシの大好きな恐竜化石もあります。
科学館はこうでないといけませんね。

京都市青少年科学センター
内部はかなり広いです。
天井には翼竜が飛んでます。

ワタクシが訪れたときは、チビッコやファミリーでいっぱいでした。
オッサン一人の見学者は、他には見当たりませんでした。
なんか、違和感ありありです。

京都市青少年科学センター
水生生物の水槽です。
うなぎを撮ろうとしたら、ニュルニュル動くのでうまく撮れませんでした。

京都市青少年科学センター
自然科学系の展示が多かった印象ですが、化学や物理学の展示もありました。

京都市青少年科学センター
一番興味深かったのが、これです。
京都の夏と、砂漠の気候をそれぞれ室内に再現しています。
夏暑く冬寒い京都がどれほど過酷か、実感できます。

京都市青少年科学センター

京都市青少年科学センター

京都市青少年科学センター

京都市青少年科学センター

京都市青少年科学センター

京都市青少年科学センター

京都市青少年科学センター
屋外にはチョウの家がありました。
中で蝶が飛んでいましたが、入口は鍵がかかっていたので入れませんでした。

京都市青少年科学センター
施設にはプラネタリウムも併設されています。
残念ながら時間が合わなかったので、観ることはできませんでした。

京都市青少年科学センター
岩石園です。
外で過ごすのもいいですよ。

最後に、京都市青少年科学センターの全体的な印象ですが、ズバリ言うと「昭和のゲームセンター」です。
施設が古いせいか、何となくそんな感じがします。
まあ、子連れで1日楽しむにはいいと思いますよ。



京都市青少年科学センター
近畿ランキングに



ちょっと前に京都は伏見区、藤森にあるプラネタリウムに行ってきましたプラネタリウムは科学センターの中にあります正式名称は「京都市青少年科学センター」お昭和の香りただよう堅い名称ですね( *´艸`)「大人のための星空めぐり」というポスターがはられていますあら、ちょっと素敵こういうのもやってるんですねでもこの日はやってませんでしたけどねさぁ息子と意気勇みながら出陣です!入口の壁星?料金表ですこの日やってたイベ...
京都市青少年科学センターに「プラネタリウム」を見に行ってみた



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)