■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

十和田市現代美術館
十和田市現代美術館
東北旅行で行きたかったミュージアムの一つが、ここ、十和田市現代美術館です。
本州の端っこのド田舎にある美術館とは思えないような、洒落たミュージアムです。
内部は撮影禁止なので、美術館のサイトをご覧いただきたいと思いますが、入っていきなりでっかいオバサンがいて、度肝を抜かれます。
同じ現代アートのミュージアムの金沢21世紀美術館よりも、ワタクシ的にはこちらのほうが気に入りました。

十和田市現代美術館
フラワー・ホースの背中

十和田市現代美術館
こちらは、併設のカフェ

十和田市現代美術館
美術館と道をはさんだ向こうには、アート広場があります。
家も車もモコモコのファット・ハウス

十和田市現代美術館
草間彌生の「愛はとこしえ十和田でうたう」

十和田市現代美術館
かぼちゃは中に入れます。

十和田市現代美術館
これはトイレ

十和田市現代美術館
ゴースト

十和田市現代美術館
ヒプノティック・チェンバー

十和田市現代美術館
バス停のベンチもアートしてます。

十和田市現代美術館
でっかいアリ

十和田市現代美術館
ワタクシが訪れたときは、「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」という企画展が開かれていました。

十和田市現代美術館
こちらは撮影可です。

十和田市現代美術館
ガラクタみたいなのが、ゴチャゴチャといっぱい並んでます。

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館
美術館前の道路の車止め
日本三駒で知られる、この地方ならではの演出でしょうか。

十和田市現代美術館
歩道には馬蹄



十和田市現代美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



こんにちは,kazumiです。青森県十和田市のArts Towadaの続きです。今回は,十和田市現代美術館をご紹介しましょう。長いですよ。あっ,もちろん今回もうどんはありません。アート広場の道路を挟んで反対側に,真っ白ないくつものキューブが点在し,渡り廊下でつながれた構造です。そのいくつかは開口していてガラス面になっており,外からその中が見えるようになっています。一つのキューブごとに一つの作品が展...
Arts Towada 十和田市現代美術館編



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
青森県立美術館
青森県立美術館
宮城県から、ビューンと青森県まで移動しました。
本日は青森県立美術館のご紹介です。

青森県立美術館
建物の内外すべて真っ白です。
真っ白な展示室を、ホワイトキューブって言ったっけな?

1階は奈良美智のコーナーです。
ふくれっ面の女の子がモチーフの作家です。
掘っ建て小屋みたいな中に、作品がゴチャゴチャ展示されていたり、草間彌生のかぼちゃみたいな感じで、真っ白な女の子の顔が置いてあったりします。

それと、シャガールの舞台背景画の迫力に、度肝を抜かれます。
めっちゃデカいです。
それも3枚もかかっています。
マジばびります。

青森県立美術館
青森県立美術館といえば、あおもり犬です。
ワタクシこれがすごく見たかったんです。
これも奈良美智の作品です。

青森県立美術館
高さ8.5mですが、近くで見ると、もっと大きく感じます。

青森県立美術館
何とも言えないこの表情。

青森県立美術館
ちなみに、美術館からは窓越しにしかあおもり犬が眺められません。

青森県立美術館
直接見ようと思ったら、通路や階段をグルグル通って、いったん外に出る必要があります。

青森県立美術館
三内丸山遺跡もこの近くですが、今回はパス。



青森県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



こんにちは,kazumiです。 今回,青森まで来てどうしても見たかったものが3つあったんです。 十和田市美術館,奥入瀬渓流ホテルの岡本太郎作品。 最後の1つがここ。 青森県立美術館に行ってきました。 JR新青森駅から出ているシャトルバスで到着するところは美術館の裏側になります。 では,入ってみましょう。    面白いロゴですよね。 館内のロゴタイプやサインはすべて,垂直・水平・斜め45度の同幅の直線ででき...
青森県立美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)