■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ

■PR

■Twitter

■最新記事
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■リンク
■-

成川美術館
成川美術館
本日は箱根の成川美術館を訪れています。
なりかわではなく、なるかわです。

成川美術館
日本画家専門の美術館で、館内は撮影可です。

成川美術館
訪問者が少なかったので、ゆったり鑑賞できました。

成川美術館
私設美術館なんで、規模はそれほど大きくありません。

成川美術館
こんなんもありました。

成川美術館
展望ラウンジからの眺めが、ここのイチオシです。
芦ノ湖を見下ろし、遠くに富士山が見えるのですが、この日はあいにく雲が多くて、富士山は見えませんでした。
650円のアイスコーヒー奮発したのになー。



成川美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
横浜美術館
横浜美術館
本日から、関東のミュージアムをご紹介します。
第一弾は、横浜美術館です。

横浜美術館
ここは、みなとみらい21地区で、周辺には大きなビルがあります。

横浜美術館
高さ296mの、横浜ランドマークタワー
300mの、あべのハルカスに抜かれるまでは、日本一の高さのビルでした。
4m差というのが、涙ぐましいですな。

横浜美術館
現在はヌード展が開催中です。
女性のヌードだけならいいんですが、オッサンのフリチン姿とかもあって、ワタクシちょっと戸惑いました。
ぶらぶら美術・博物館でも、本日採り上げられます。

横浜美術館
美術館の中はこんな感じ。
けっこう広い。

横浜美術館
ロダンの「接吻」は撮影可です。

女はがっしり首にすがりついてるのに、男は手をそっと置いてるだけという。
愛人カミーユとの関係性を表しているとの説も。←日曜美術館の受け売り

この角度じゃ、キスしてるんだかわからんなー。

横浜美術館
コレクション展も撮影OK



横浜美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01
彫刻の森美術館
彫刻の森美術館
屋外展示のミュージアムは、過去に、静岡のヴァンジ彫刻庭園美術館、鹿児島の霧島アートの森など行きましたが、ここ、彫刻の森美術館も、広いエリア内のそこかしこにアート作品が展示されています。

彫刻の森美術館
ゲートをくぐってすぐ右の建物には、篠山紀信がこのミュージアムを撮った写真が飾られています。

彫刻の森美術館
説明しようにも、何かよくわからない作品が多いので、とりあえず見ていってください。←得意の手抜きモード

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
さすがに大人は無理ですが、子供なら中に入ることができます。
ただ、東京デザインウィーク2016での火災事故が、ふっと頭をよぎったりしました。

彫刻の森美術館
左の黒いところから入り、地下をくぐって手前の透明なボックスに出てきます。
ただそれだけ。
天井が低いので、頭をぶつけそうになります。

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
金属の棒が回転するのですが、当たりそうで当たらないのがちょっと不思議です。

彫刻の森美術館
でっかいオバサンのお出かけ

彫刻の森美術館
アニメのポスターで、こんなの見たような気が・・・

彫刻の森美術館
パンズ・ラビリンスに、こんなの出てきたよね?

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
ピカソ館では、陶芸などピカソの作品が多数展示されています。
館内は撮影禁止です。

彫刻の森美術館
高いものを見ると、なぜか登りたくなります。

彫刻の森美術館
外から見たら地味な色彩のタワーが、内部はこんなに鮮やかです。

この記事で、箱根のミュージアム紹介は終わりです。
他にも成川美術館とか、星の王子さまミュージアムとか行きたかったのですが、時間が足らずに今回は断念しました。
また、次の機会に訪問できればと思います。



彫刻の森美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



2015.9.5箱根の彫刻の森美術館に行ってきました。1969年に開館した、国内初めての野外美術館で、広大な敷地に120点の作品が自然と一体になって常設されています。また1984年に開設したピカソ館には100点以上の油彩、素描、彫刻、陶芸などが常設展示されています。ピカソの常設美術館としてはバルセロナ、パリが有名ですが、ここも大したものだと思います。そのためかヨーロピアンの見学者が大勢来ていました。- 嘆きの天使...
箱根彫刻の森美術館




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
箱根ラリック美術館
箱根ラリック美術館
続いてもガラスのミュージアムです。
本日は、箱根ラリック美術館の紹介です。

この壁の向こうに、ガタイのデカい外人のオバサンが立っています。
カメラを構えると写らないように隠れてくれましたが、ここの人だったのかな?

箱根ラリック美術館
世紀末のガラス作家、ルネ・ラリックの作品が展示されているのが、箱根ラリック美術館です。
展示品の写真もなしに中の様子を説明するのは難しいので、リンク先を参照していただくしかないのが苦しいところです。

箱根ラリック美術館
車とか

箱根ラリック美術館
庭の様子くらいしかお見せできません。

それからワタクシ、大失敗してしまいました。
ここにはラリックの手によるオリエント急行の車両が展示されているのですが、うっかりして見落としてしまいました。
なんせ箱根だけでも、一日で6ヶ所のミュージアムを廻ったので、ゆっくり観ている余裕がありませんでした。
これでもまだ頑張った方で、本当は寄りたかったミュージアムをいくつか諦めたくらいです。
箱根では一泊して、前後2日かけてゆっくりミュージアム巡りを楽しむのがベストですね。



箱根ラリック美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



箱根の仙石原にある箱根ラリック美術館。瀟洒な建物と庭園が素敵な所です。冬枯れの庭を降ったばかりの雪が白く染めていますが、それはそれで風情あるたたずまいです。箱根ラリック美術館に保管されているオリエント急行のサロンカー今では予約制のティールームとして使われています。1回に20名、当日でも空席があれば利用可能です。メニューは一種類、ケーキとお茶のセットのみ。美術館に入ってすぐの受付で予約、時間の少し前ま...
箱根ラリック美術館~オリエント急行でお茶を~




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
箱根ガラスの森美術館
箱根ガラスの森美術館
再び、箱根のミュージアム紹介です。

箱根のミュージアムの中でも、ワタクシお気に入りなのが、箱根ガラスの森美術館です。
特に、キラキラ大好き女子には超オススメです。
エリア全体がクリスタルガラスの輝きで満たされた、素敵なミュージアムです。

箱根ガラスの森美術館
光の回廊を通って、ヴェネチアン・グラス美術館に入ってみましょう。

箱根ガラスの森美術館
まず目にするのが、豪華なシャンデリアです。

箱根ガラスの森美術館
このエリアでは、中世ヨーロッパで珍重された、ヴェネチアン・グラスの名品を観ることができます。

箱根ガラスの森美術館
ホールでは、ミニコンサートも行われます。

箱根ガラスの森美術館
ジュゼッペ・バロヴィエール作の「風にそよぐグラス」
この細い脚で自立するだけでなく、風が吹くとグラスがフラフラ揺れるのです。
脚がポキっと折れないか、ヒヤヒヤしますね。

箱根ガラスの森美術館
続いて、現代ガラスの作品を観ていきましょう。

箱根ガラスの森美術館
デイル・チフーリ展示室

箱根ガラスの森美術館
リヴィオ・セグーゾ展示室

箱根ガラスの森美術館
庭園の樹は、クリスタル・ガラスで飾られています。

箱根ガラスの森美術館
クリスタル・ガラスのすすき

箱根ガラスの森美術館
この日はあいにくの曇り空でした。
日が差せばガラスがキラキラ輝いて、とてもきれいだったでしょうね。

箱根ガラスの森美術館
紅葉の小径のダイアナ像

箱根ガラスの森美術館
今月25日までは、クリスタルガラスのクリスマスツリーが飾られます。
夕方の景色も、さぞや美しいことでしょう。



箱根ガラスの森美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



箱根には美術館がいっぱいありまして今回も立ち寄ってみました。箱根ガラスの森ミュージアム。まずびっくりしたのがキラキラ光るスワロフスキーの木です。無数のビーズが太陽の光に照らされてまたたいてお客様をお出迎えです。建物やお庭も雰囲気が良くロマンチックでした。今は指輪の展示をしています。↑マリー・アントワネットの遺髪入り↑ミュシャデザインの物ガラスのものはヴェネチアングラスの物が素敵でした。レースみたいな...
箱根ガラスの森美術館




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad