■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク
航空自衛隊浜松基地広報館
航空自衛隊を一般に知ってもらうために開設されたのが、ここ、航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパークです。
場所は、静岡県浜松市です。
航空関係のミュージアムは、かかみがはら航空宇宙科学博物館以来です。
ちなみに、入場無料です。

航空自衛隊浜松基地広報館
敷地の周辺には、兵器らしきものが置かれています。

航空自衛隊浜松基地広報館
折れ曲がったみたいな感じのヘリ。

航空自衛隊浜松基地広報館
なかなかカッコイイじゃん。

航空自衛隊浜松基地広報館
まずは展示格納庫に入ってみます。

航空自衛隊浜松基地広報館
入ってびっくり。
中には戦闘機やヘリでいっぱいです。

航空自衛隊浜松基地広報館
うわー。
なんかめっちゃワクワクします。
学生とか、ジジババの団体とか、見学者が大勢いました。

航空自衛隊浜松基地広報館
コクピットに乗れる機もあります。

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館
写真撮りまくりです。

航空自衛隊浜松基地広報館
シミュレーターにも乗れます。

航空自衛隊浜松基地広報館
今度は別棟の、展示資料館に移動します。

航空自衛隊浜松基地広報館
こちらでも写真を撮りまくりました。

航空自衛隊浜松基地広報館
説明文なんかほとんど読んでません。←オッサン、アホかと…

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館
簡易型シミュレーターです。

航空自衛隊浜松基地広報館
チビッコとか、めっちゃ喜びますよ。

航空自衛隊浜松基地広報館
ブルーインパルス

航空自衛隊浜松基地広報館
館内は人が多すぎて、撮影タイミングに苦労します。
平日でこれだから、週末とかどうなっちゃうんでしょう?

航空自衛隊浜松基地広報館
全天周シアターでは、パイロット気分が味わえる映像が観られます。

航空自衛隊浜松基地広報館
プラネタリウムのような画面。
F15の搭乗体験ができます。
映画の内容は、ひ・み・つ

航空自衛隊浜松基地広報館
航空自衛隊浜松基地に併設されたミュージアムなので、滑走路から自衛隊機が飛び上がるのを見ることもできます。



航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



航空自衛隊 浜松広報館(エアパーク)その3 - とある戦跡と自衛隊




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 03:23:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館、ベルナール・ビュフェ美術館、IZU PHOTO MUSEUM、井上靖文学館など各種ミュージアムと、複数のレストランがある、クレマチスの丘に、ワタクシ行ってみました。
場所は、静岡県長泉町です。
天気が良ければ途中の道から富士山がきれいに見えるはずですが、この日はあいにくの曇りで、ほとんど見えませんでした。
時間に余裕がなかったので、ヴァンジ彫刻庭園美術館のみ見学することにしました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
イタリアの現代彫刻家、ジュリアーノ・ヴァンジの作品を屋外展示してあります。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
イマイチ何かよくわからない作品です。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
広々してて気持ちいいですね。

ヴァンジ彫刻庭園美術館

ヴァンジ彫刻庭園美術館
石がいっぱい敷き詰められてて、賽の河原みたい。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
動物らしきものが、ゴチャゴチャと描かれた壁画。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
この人、何してるんでしょう?

ヴァンジ彫刻庭園美術館
フリ◯ンのドン・コルレオーネ?

ヴァンジ彫刻庭園美術館
秋バラが咲いてました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
建物内部では、「生きとし生けるもの」と題する展覧会が開かれています。

ヴァンジ彫刻庭園美術館

ヴァンジ彫刻庭園美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



咲き誇る四季の花々を「クレマチスガーデン」で愛でるJR三島駅北口から送迎バスで約25分。ヴァンジ彫刻庭園美術館は、富士山南麓の高原リゾートを思わせる「クレマチスの丘」にあります。ここはスルガ銀行グループが運営するアートエリアで、同美術館のほかにも、ベルナール・ビュフェ美術館、井上靖文学館が点在しており、この秋には写真美術館がオープンする予定です。ヴァンジ庭園美術館のゲートをくぐり、アプローチの坂道を登...
アートと遊ぶ:ヴァンジ彫刻庭園美術館 (静岡県長泉町クレマチスの丘)




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 20:19:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
静岡県立美術館
九州レポートはいったんお休みして、本日からは静岡のミュージアム紹介に移ります。

静岡県立美術館
一発目は、静岡県立美術館です。
静岡市の日本平近くに立地しています。

静岡県立美術館
現在、「再発見!ニッポンの立体 生人形からフィギュアまで」が開催中です。
縄文時代のものから、現代のフィギュアまで、さまざまな立体造形が展示されています。
いわゆる、美術の範疇から外れたものですが、芸術性は十分感じられるものばかりです。
なかでもワタクシが気に入ったのが、荒井良作品の「Emergence」です。
肌を透ける静脈まで、見事に描かれています。
ワタクシ、造形の見事さに、見とれてしまいました。←決してイヤラシイ意味ではありません。
てっきり樹脂製かと思ったのですが、紙製の張り子ということで、余計驚きました。

今回の出品作にはありませんが、ワタクシ実は気になる作家がいます。
リンク先にもありますが、アイアン澤田氏です。
彼の作品も、ぜひとも飾ってほしかったです。

静岡県立美術館
美術館には、ロダン館が併設されています。

静岡県立美術館
ロダンの作品をすぐ近くで見ることができ、撮影もOKです。

静岡県立美術館
地獄の門もあります。

ここでワタクシ、ふと不思議に思いました。
「ロダンの彫刻って、何で、あちこちにあるんだろう?」って。
たとえば、「考える人」は、京都国立博物館の噴水の前にもあります。
世界中に同じものが数十体もあるそうです。
「これって、パチモンちゃうん?」と、脳裏をよぎりました。
でも、地獄の門の制作過程が別室で説明されていて、納得しました。
これらの彫刻は、原型を元に鋳造された作品ということで、全く同じものなので、本物ということだそうです。
そう考えれば、版画と同じ理屈ですね。

ところで、ルーブル彫刻美術館の場合は、どうなんでしょうか?



静岡県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



9月8日の取材から静岡県立美術館は、常設展示として有名な「ロダン展」を開催しています。では、入って見ましょう。おぉ〜 いっぱいいますねぇ〜こういうの、何て言うのでしょうか!?彫刻?ここは、1994年の新館オープンとしてロダン作品32体の彫刻を展示しています。ところで、奥に考え込んでいる人見えますねぇ〜彼がそうなんでしょうか??いましたよぉ〜なんでも、オリジナルも含めてレプリカが50数体もあるとか・・・だか...
静岡県立美術館 ロダン展




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 17:45:00 | トラックバック(0) | コメント(2)