■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

京都国立博物館 その2
京都国立博物館
ワタクシ本日は、京都国立博物館に来ています。
ここを訪れるのは、もう何回目でしょう?
数年前までは、アートにはそれほど感心がなかったのですが、突如目覚めてからは、あっちこっち行きまくってます。

京都国立博物館
現在、京都国立博物館では、若冲の特別展示が行われています。
作品数は30足らずとそれほど多くありませんが、百犬図とか果蔬涅槃図とかも展示されていて、それなりに楽しめます。
京都市美術館でも、つい先日まで若冲展が開かれていましたが、あちらは大勢の人だかりでまともに作品が観られませんでした。
それに対してこちらでは、比較的ゆったりと鑑賞できます。

若冲以外にも、干支をテーマとした「とりづくし」や、泉涌寺の寺宝が展示されています。

京都国立博物館
ミュージアム利用者は、付属の駐車場が1時間無料なので、ササッと観て回ったのですが、まだ少し時間があります。
建物の裏手が公園になっているようなので、ちょっと寄ってみました。
葉っぱもほとんど落ちて、冬の装いです。

京都国立博物館
なにやら朝鮮風の石像が立っています。
「李朝太祖 健元陵」と書いてありました。
朝鮮の偉い人のお墓を再現したものでしょうか?

京都国立博物館
公園の奥には、堪庵という茶室があります。
こんなのあること、全然知りませんでした。

京都国立博物館
ひなびた風情で、なかなかいい感じです。
有料で貸し出しもしていて、茶会や句会などに使われているそうです。

京都国立博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



陰翳礼讃(2)- 茶室堪庵の明と暗(1) - 子規 折々の草花写真帖




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(3)
京都鉄道博物館
京都鉄道博物館
京都の新しい人気スポット、京都鉄道博物館にワタクシ行ってきました。
ここは梅小路蒸気機関車館が以前あった場所で、大阪・弁天町の交通科学博物館の展示を一部移設して新規オープンしました。
京都鉄道博物館のお隣には、京都水族館もあります。

写真がバシバシ撮れるのは嬉しいのですが、後になって整理するのが大変です。
一枚ずつ説明を加えるのもちょっと面倒な気もするので、画像だけで雰囲気のみ紹介させていただきます。←思いっきり手抜きモードですな。

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館



京都鉄道博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



京都鉄道博物館へ行ってきました - 電車のない県に住むママ鉄子鉄日記




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 06:09:45 | トラックバック(0) | コメント(6)
京都大学総合博物館
京都大学総合博物館
ワタクシ以前から、京都大学総合博物館に行きたいと思ってました。
東京大学とならぶ、国内の叡智をぜひとも見学したかったのです。
博物館の入口は表通りに面してるので、大学構内に入らなくても大丈夫です。
場違いのオッサンが構内をうろついて、警備員に呼び止められたりしてもいけないので、そういう意味では助かります。

館内は、自然史と文化史、それと技術史の3つのコーナーに分かれてます。

京都大学総合博物館
自然史のコーナーは撮影可なので、ワクワクします。

京都大学総合博物館
ゾウの頭の骨です。

京都大学総合博物館

京都大学総合博物館
動物や昆虫の標本がたくさんありました。

京都大学総合博物館

京都大学総合博物館
館内には太い木が,ドーンと生えてます。

京都大学総合博物館
こちらは技術史のコーナーです。
昔の機械みたいなのが、いろいろありました。
展示スペースは、ほんの少しです。

文化史のコーナーは撮影禁止です。
昔の書状があったり、埴輪や土器、銅鏡なんかもありました。

大学の博物館は難しいものばかりかと思いましたが、案外そうでもなかったです。
大阪大学総合学術博物館のイメージが、いまだに影響してるみたいです。

京都大学総合博物館
ねむりに関する展示が行われており、ベッドやまくらなど眠りに関するものや、小難しい研究みたいなものがありました。

京都大学総合博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



少し前に小学校の課外授業で 「三葉虫」の消しゴムをつくって帰ってきた。 三葉虫の化石を使い型をとり そこに消しゴムをいれて三葉虫の形をうつしとったもの。 実物大の仕上がり~この消しゴムづくりを指導してくださったのは 「京都大学総合博物館」 京都大学といえば、京都にある名門国立大学。 そこに博物館があるなんて知らなかった。 消しゴムと一緒に入っていた紙に総合博物館のHPのアドレスが記載されていたので そこに...
京都大学総合博物館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
龍谷ミュージアム
龍谷ミュージアム
本日ワタクシ、京都の龍谷ミュージアムに来ています。
名前のとおりここは龍谷大学の関連施設で、龍谷大学は西本願寺の学寮が元になってます。

龍谷ミュージアム
春季特別展として「水 神秘のかたち」と題する展覧会が開かれてます。
水にまつわる、仏や神の像や絵画などが展示されてます。
弁財天が水の神さんだと、ワタクシ初めて知りました。
それと、とぐろを巻いた蛇の胴体に老人の顔のついた宇賀神像が、キモかわいいです。

また、中国・新疆ウイグル自治区のベゼクリク石窟大回廊を復元したコーナーも見ものです。
鮮やかな仏教壁画に目が釘付けになりますよ。

龍谷ミュージアム
イロハモミジの中庭は地下1階です。

龍谷ミュージアム
道路を挟んだ向こう側に見えるのが、西本願寺です。



龍谷ミュージアム
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



「水 神秘のかたち」 龍谷ミュージアム - いもづる日記



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
赤れんが博物館
赤れんが博物館
1テーマの博物館は少なくありませんが、ここ「赤れんが博物館」は、レンガに特化した博物館です。
場所は、舞鶴市の舞鶴赤れんがパーク内にあります。

赤れんが博物館
はたして、レンガだけの1テーマで、博物館は成立するものでしょうか?
まずは、世界のレンガの紹介です。

赤れんが博物館
いろんなレンガが展示されてます。
集めるだけでも大変だったでしょうね。

赤れんが博物館
海外だけではなく、国内のレンガも紹介されてます。

赤れんが博物館
東京駅の外壁も赤レンガですね。

赤れんが博物館
日本で、レンガ関連の施設がこんなにあるんですね。

赤れんが博物館
舞鶴といえば、やはり港です。
錨のディスプレイも、しっくりきます。

赤れんが博物館
ホフマン窯内部の再現です。
昔はこんな感じのところで、レンガを作ってたんですね。

赤れんが博物館
もちろん、舞鶴のレンガの説明も欠かしません。

日本全国100万人のレンガファンの皆さんには、是非訪れてもらいたいミュージアムですね。←そんなにようけ、いてるんか?


赤れんが博物館
近畿ランキングに



舞鶴ドライブ その2~赤れんが博物館編 - きょうのできごと



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:27:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ