■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大一美術館
大一美術館
愛知県名古屋市の、大一美術館を本日はご紹介します。
ここはガラス作品専門のミュージアムです。
規模はそれほど大きくありませんが、入ってすぐに天井から吊るされた巨大シャンデリアに目が奪われます。
あんなの落ちてきたら、マジヤバイです。

1階には、エミール・ガレ、ドーム兄弟、ルネ・ラリックの作品が展示されています。
こんなのどうやって作るのかなって考えてたら、製法の解説とかあって、興味深いです。

2階はデイル・チフーリの展示スペースです。
箱根ガラスの森美術館でも観たことを思い出しました。
ところで、あの眼帯を見ると、ハリー・ポッターのマッドアイが浮かんできます。

大一美術館
開館20周年記念ということで、ルノアールの絵画が少しだけ展示されていました。



大一美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



アート大好きチョコけんです(*´∀`)ノうにょうにょだ~(*≧∀≦*)美術館の中央、天井からどーーんと吊るされていたのはうにょうにょ…ではなくシャンデリアという作品。600個ものガラスで作られてるそうですよ。階段を上がってる時は気づかず、ふとふりかえったらコレがあったのでめっちゃびっくりしましたよ。(;゜∇゜)チョコけんもあの中に入ってうにょうにょしてみたいなぁ~あ、ガラスだから固いのか(´Д`)笑先端が刺さりそうなので...
うにょうにょシャンデリアがどーんとあるガラスアートに癒される大一美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
名古屋市博物館
名古屋市博物館
本日は、名古屋市博物館をご紹介します。

名古屋の中心部には多くのミュージアムが集中しているので、なごや観光ルートバスのメーグルを使って効率よく周れますが、ここ名古屋市博物館は南東にルートから外れているので、自力で行く必要があります。
さいわい、1回300円の駐車場があり、車での訪問には便利です。

名古屋市博物館
ワタクシが訪れたときは、「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」という特別展が開催中でした。
面白そうなので入ってみました。
館内撮影は禁止です。
最初、書画とか地味な展示が続くので「外しちゃったかなー」と思いましたが、後半には工芸品とか見ごたえのある展示が続きます。
こんなに何でもかんでも、シーボルトさん持って帰ってたのかと思うと、ようやるでーって感じです。

2階は名古屋に関する常設展示のコーナーです。
建物がバカでかいので、たっぷり見て回れますよ。
常設展示は書類を書けば撮影できるとのことでしたが、面倒くさいのでパスしました。

名古屋市博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 09:27:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
清須市はるひ美術館
清須市はるひ美術館
ミュージアムぐるっとパス・関西2017より新参加となった、清須市はるひ美術館に行ってみました。
場所は愛知県です。
開館18年目とのことですが、それほど古さは感じられません。
内部は、1階に展示スペースが2室あり、2階にもオープンスペースがあります。
比較的こじんまりした美術館です。

清須市はるひ美術館
現在、「黒蕨荘 彫刻展」が開かれています。
清須市ゆかりの作家の紹介シリーズ第四弾ということです。
画像でもわかるように、実物大のコートを木彫で表現しています。
ヒダや質感がまさに革や繊維のように表現されていて、一見すると木彫りだとわからないほどです。

清須市はるひ美術館
第一展示室は撮影可でした。
小型の作品が多く展示されていました。

清須市はるひ美術館
頭部のない人体と引き出しが組み合わされた、不思議な造形です。

撮影不可の第二展示室には、ポスターの作品などが展示されています。
ヒモでずらっと繋がった作品とか、木で再現されたダンボールとか、実物大でリアルなものばかりです。
へー、すごいなーって、見入ること確実です。

清須市はるひ美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 10:25:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
トヨタ産業技術記念館
トヨタ産業技術記念館
以前、トヨタ博物館に行きましたが、あちらはクラシックカーを中心とした、完成車のミュージアムでした。
本日レポートするトヨタ産業技術記念館は、トヨタの企業としての歩みを紹介するミュージアムです。

館内は、豊田佐吉の自動織機のエリアと、豊田喜一郎のトヨタ自動車のエリアに分かれます。

トヨタ産業技術記念館
自動織機のエリア(繊維機械館)は、まさに機織り工場のような雰囲気です。

トヨタ産業技術記念館
機械がたくさんあってすごいです。
でも、なんかよくわかりません。

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館
100年前の蒸気機関
ゴムのベルトじゃなく、ロープでフライホイールを回します。

トヨタ産業技術記念館
やはりワタクシ、自動車館のほうが興味があります。

トヨタ産業技術記念館
最初は、木型に合わせて、金属ボディのパーツを手作りしてたみたいです。

トヨタ産業技術記念館
自動車館も規模はデカいです。
こちらは自動車工場のような雰囲気です。
小学生や、スーツ姿の見学者が大勢いました。

トヨタ産業技術記念館
昔、こんなの

トヨタ産業技術記念館
今、こんなの

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館
このロボットは、バイオリンを演奏します。



トヨタ産業技術記念館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



◎トヨタ産業技術記念館へ行った トヨタで生きる




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
リニア・鉄道館
リニア・鉄道館
鉄道関係のミュージアムは、北九州市の九州鉄道記念館、京都市の京都鉄道博物館、そしてここ、名古屋市港区のリニア・鉄道館で、3ヶ所目です。

リニア・鉄道館
入ってすぐのところには、鉄道の進化を象徴するような3両が並んで展示されています。

リニア・鉄道館
世界最速の蒸気機関車、C62
時速129km

リニア・鉄道館
世界最高速度443km/hの新幹線試験車両

リニア・鉄道館
581km/hの超電導リニア

リニア・鉄道館
館内には、歴代新幹線車両をはじめ、クラシックな車両や、見たことのない車両がいっぱいです。

リニア・鉄道館
0系のドクターイエロー

リニア・鉄道館
トゲトゲ
障害物検知用だとか。

リニア・鉄道館
国鉄バス1号車

リニア・鉄道館
もちろん、鉄道ジオラマもあります。

リニア・鉄道館
迫力満点の電車でGO!

リニア・鉄道館

リニア・鉄道館

リニア・鉄道館



リニア・鉄道館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



去年の11月下旬以来ずっと撮りテツ休止モード中です。最近1ヶ月半、駅停車バルブ撮影や鉄道関連博物館などを撮ったにすぎません。ま、ここ何年も冬場はこんな感じです。きょうは年末年始の変則出勤の代休でした。で、先日700系新幹線が搬入された名古屋のリニア・鉄道館に行きましたココに来るのは久々です。いろいろ撮って、見て、触れて楽しんできました。左から、蒸気機関車日本最速129km/hを記録したC6217と、新...
リニア・鉄道館に行ってきました




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ