■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大一美術館
大一美術館
愛知県名古屋市の、大一美術館を本日はご紹介します。
ここはガラス作品専門のミュージアムです。
規模はそれほど大きくありませんが、入ってすぐに天井から吊るされた巨大シャンデリアに目が奪われます。
あんなの落ちてきたら、マジヤバイです。

1階には、エミール・ガレ、ドーム兄弟、ルネ・ラリックの作品が展示されています。
こんなのどうやって作るのかなって考えてたら、製法の解説とかあって、興味深いです。

2階はデイル・チフーリの展示スペースです。
箱根ガラスの森美術館でも観たことを思い出しました。
ところで、あの眼帯を見ると、ハリー・ポッターのマッドアイが浮かんできます。

大一美術館
開館20周年記念ということで、ルノアールの絵画が少しだけ展示されていました。



大一美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



アート大好きチョコけんです(*´∀`)ノうにょうにょだ~(*≧∀≦*)美術館の中央、天井からどーーんと吊るされていたのはうにょうにょ…ではなくシャンデリアという作品。600個ものガラスで作られてるそうですよ。階段を上がってる時は気づかず、ふとふりかえったらコレがあったのでめっちゃびっくりしましたよ。(;゜∇゜)チョコけんもあの中に入ってうにょうにょしてみたいなぁ~あ、ガラスだから固いのか(´Д`)笑先端が刺さりそうなので...
うにょうにょシャンデリアがどーんとあるガラスアートに癒される大一美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
清須市はるひ美術館
清須市はるひ美術館
ミュージアムぐるっとパス・関西2017より新参加となった、清須市はるひ美術館に行ってみました。
場所は愛知県です。
開館18年目とのことですが、それほど古さは感じられません。
内部は、1階に展示スペースが2室あり、2階にもオープンスペースがあります。
比較的こじんまりした美術館です。

清須市はるひ美術館
現在、「黒蕨荘 彫刻展」が開かれています。
清須市ゆかりの作家の紹介シリーズ第四弾ということです。
画像でもわかるように、実物大のコートを木彫で表現しています。
ヒダや質感がまさに革や繊維のように表現されていて、一見すると木彫りだとわからないほどです。

清須市はるひ美術館
第一展示室は撮影可でした。
小型の作品が多く展示されていました。

清須市はるひ美術館
頭部のない人体と引き出しが組み合わされた、不思議な造形です。

撮影不可の第二展示室には、ポスターの作品などが展示されています。
ヒモでずらっと繋がった作品とか、木で再現されたダンボールとか、実物大でリアルなものばかりです。
へー、すごいなーって、見入ること確実です。

清須市はるひ美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 10:25:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
徳川美術館
徳川美術館
ワタクシ、名古屋市の徳川美術館にやって来ました。
尾張徳川家伝来の大名道具などが観られる、私設ミュージアムです。

徳川美術館
内部撮影は、エントランス部分のみ可でした。
国宝の「源氏物語絵巻」はレプリカ展示でしたが、館内に能舞台を再現してあったりして、なかなか凝った展示でした。
それと外国人の観覧者が多かったです。
訪れたのが伊勢志摩サミットの時期と重なったので、そのせいかもしれません。

徳川美術館
ガラスに光が反射して見難いです。

徳川美術館
さりげなく、坪庭なんかあったりします。

徳川美術館
ミュージアム隣の、徳川園にも寄ってみました。

徳川美術館
大小の滝があったりして、起伏に飛んだ庭園です。

徳川美術館

徳川美術館



徳川美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



Le potager de K 着物で徳川美術館☆



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 12:19:10 | トラックバック(0) | コメント(4)
愛知県陶磁美術館
愛知県陶磁美術館
本日は愛知県陶磁美術館を紹介します。
場所は愛知県瀬戸市で、愛知万博会場もすぐ近くです。

非常に規模の大きなミュージアムで、世界の陶磁器の展示が行われています。
公園の中に複数の建物があり、歩いて移動するのが面倒なくらい広いです。

愛知県陶磁美術館
訪れた時は、沖縄の工芸作品の特別展が行われていました。
特に琉球ガラスが、デザインや色使いが独特で、興味深かったです。

愛知県陶磁美術館

愛知県陶磁美術館
展示スペースが広いので、常設展を観て回るだけでもけっこう時間がかかります。

愛知県陶磁美術館
こちらの建物では、いろんな狛犬が展示されていました。

今回、あっさり目のレポートですが、実はサーバーエラーでせっかく書いた記事がぶっ飛んでしまいました。
バックアップを取ってなかったので再度書き直してるのですが、思いっきり凹みました。
やるせなくて泣きそうです。←ちょっと大げさ



愛知県陶磁美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



春は、新しい事にチャレンジする季節ですね。本日、ある新しい活動をゲットするための面接に瀬戸市の愛知県陶磁美術館に行って来ました。瀬戸といえば、焼き物(陶磁器)で有名ですが、その中の一つに【瀬戸ノベルティ】の展示コーナーが有りました。「魚採りをする女性像」名前をチェックしませんでしたが、「楽器を楽しむ男女の像」かな、、、「アン王女」像は、独特の製法で作られた«レース人形»【瀬戸ノベルティ】は、大正3年1...
100年を越えて【瀬戸ノベルティ】~愛知県陶磁美術館~



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 20:37:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
名都美術館
名都美術館
本日の訪問先は、愛知県長久手市の名都美術館です。
自動車部品メーカーが運営する私立美術館で、上村松園、鏑木清方、伊東深水などの日本画コレクションで知られます。

平日の午前中にもかかわらず、館内は大勢の訪問者で賑わっていました。
よく見ると、ほとんどの入場者が無料券を持参しています。
どこで手に入れたんだろう?

名都美術館
この日は、「日本美術と高島屋」と題する特別展が開催中でした。
ひょっとすると、タカシマヤ友の会とかが無料券を配ったのかな?
それはともかく、高島屋所蔵の日本画が展示されていました。

と、ここでワタクシ閃きました。
「これって、大阪の高島屋資料館のコレクションだからー、わざわざ愛知県まで来なくても、なんばに行けば観られるってことね」
こうしてミュージアムの訪問先が、また一つ追加されたのでした。

名都美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



浪漫でメローな日々 名都美術館で上村松園を楽しむ



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ