■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

角屋もてなしの文化美術館
角屋もてなしの文化美術館
本日は、京都市下京区の、角屋もてなしの文化美術館をご紹介します。
ここは元揚屋(大型の宴会場)で、1641年の島原開設当初から昭和の末まで営業が続けられていました。
京都の花街の一つである島原は、移転時の騒動が島原の乱を思わせるなどといわれたところでもあります。
島原は都の中心部からは遠く、時代が下がるにつれ寂れていきました。
往時をしのばせるものは、ここ角屋と、島原大門、輪違屋(置屋)のみとなっています。
平成10年より、建物内部と所蔵美術品を、角屋もてなしの文化美術館として、一般公開しています。
建物は国の重要文化財です。

角屋もてなしの文化美術館
島原大門

角屋もてなしの文化美術館
1階部分は、展示品以外は撮影可です。

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館
ここ以外にも、2階座敷にも新撰組隊士がつけた刀傷が残っています。
つけで飲み食いするのを断られた若い隊士が、腹いせで柱に切りつけたそうです。
一度の飲食で、現在の大学初任給くらいのお金がかかったので、若い貧乏隊士に払えるはずがありません。

壬生寺の記事で紹介した、芹沢鴨が暗殺される直前に飲んでいたのが、ここ角屋です。
角屋は新撰組以外に、西郷隆盛ら倒幕派も利用していました。
しかしスケジュール管理が徹底していたため、敵同士が顔を合わせてチャンチャンバラバラとなるようなことはありませんでした。

角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館
1階の松の間です。

角屋もてなしの文化美術館
庭には、龍が這うような姿形の臥龍松があります。

角屋もてなしの文化美術館
こちらは茶室

1階のみの見学なら、一般料金が1000円です。
ですが、2階も見ないとここに来た意味がありません。
2階見学は事前予約が必要らしいのですが、ワタクシの訪れたときは予約無しで見学できました。
2階には、非常に凝った作りの座敷が複数あります。
壁や天井、襖の絵など見どころ満点です。
ただし残念なのが、どれも真っ黒でなんだかよくわからないことです。
絵の輪郭や薄っすらと色彩がわかる程度で、なんじゃこれは?って感じになると思います。
室内照明に多くのろうそくを用いたので、そのススが部屋中一面にこびりついているのです。
ススをうまくぬぐったりできないものでしょうか?
それから、2階は全面撮影禁止です。

最後にもう一つ。
冬期にここを訪れると、足先がめっちゃ冷たいです。
靴を脱いで上がるので、板の間や畳の冷たさがもろにきます。
念のため、厚手の靴下が必要ですよ。

角屋もてなしの文化美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



角屋もてなしの文化美術館・・・♪ - 楽しい時間を過ごしましょう


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 15:48:31 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
はじめまして睦月と申します。

京都の島原といえば東京では吉原ですね!
私のご先祖様が吉原にちょっと関係していて(お女郎さんじゃありませんが)で
ちょっと興味があったりします!

私は千葉県在住なんですがちょっと行ったところに
新撰組の近藤勇が捕まった陣屋跡があります

これからも訪問させて頂きますのでよろしくお願いします。
2016-12-29 木 09:41:11 | URL | 睦月 [編集]
睦月さんへ
島原も今では住宅街になって、花街の面影はほとんどありません。
すぐ近くに中央卸売市場とかもあって、風情がないのが寂しいです。

関東方面のミュージアムも、あっちこっち行きたいなあ…
2016-12-30 金 17:34:05 | URL | みゅー [編集]
こんにちは
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますねぇ~。
2017-01-02 月 12:50:39 | URL | よしお [編集]
はじめまして。
立派な建物ですね。
手入れも行き届いていてさすがです。
いつか行ってみたいと思いました。
冬は靴下用カイロを貼付けていかなくちゃ、ですね。

ところで私は水琴屈が好きなのですが、ここにはあったりするのでしょうか?
みゅーさんのおすすめの水琴屈があったらぜひ教えて頂きたいです。
2017-02-05 日 09:25:50 | URL | たま虫。 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する